おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

リピトール10mgを格安で購入する方法は・・・

 

リピトール10mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

リピトール10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。先発品として世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。日本で承認されているものと同様のものであり、強力な治療効果を得ることができます。

内容量 30錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にアトルバスタチンカルシウム水和物(Atorvastatin Calcium Hydrate)として10.84mg含有[アトルバスタチンとして10mg]
ブランド Pfizer (ファイザー)

リピトール10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

日本でも有名な世界的製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって先発品として製造・販売されています。

リピトール10mgは日本でも承認・販売されており、日本ではアステラス製薬株式会社により製造・販売されています。

リピトールは、米国ワーナー・ランバート社(現在の米国ファイザー社)により新規に合成された3-Hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme-A reductase (HMG-CoA還元酵素)阻害作用を有するアトルバスタチンの製剤です。

わが国では山之内製薬(現在のアステラス製薬)とワーナー・ランバートが共同開発し、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症に対し優れた有用性が認められています。

脂質Lipidから命名されてリピトールという名前をつけられました。

リピトール10mgは、服用することでHMG-CoA還元酵素を阻害することでコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を低下させることができます。

1日1回10mg投与により、81.4%の患者を総コレステロール値で220mg/dL未満に、85.1%の患者をLDL-コレステロール値で140mg/dL未満に到達させたと報告されています。




□効果

 

<効能・効果に関連する使用上の注意>

  • 適用の前に十分な検査を実施し、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症であることを確認した上で本剤の適用を考慮すること。
  • 家族性高コレステロール血症ホモ接合体については、LDL-アフェレーシス等の非薬物療法の補助として、あるいはそれらの治療法が実施不能な場合に本剤の適用を考慮すること。

□使用法

コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
  • 年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mgまで増量できる。

家族性高コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
  • 年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日40mgまで増量できる。



□副作用

  • 主な副作用として、胃不快感、そう痒感、手指しびれ、不眠、下痢、胸やけ、便秘、頭痛、全身倦怠などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。



□おしらせ

日本でも、リピトールは病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、リピトール錠10mgを30錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
リピトール錠10mgの価格:1錠88.2円×30錠=約2,650円
合計約6,150~7,150円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,850~2,150円かかります。





□レビュー

健康診断でコレステロールが高くて、気になりリピトールを買いました。おかげで数値が下がりました。
普段からの生活を気を付ければなのですが、この時期また心配で
念のため買っておこうということでリピートです。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

リピトール10mg