おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

リピトール40mgを格安で購入する方法は・・・

 

リピトール40mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

リピトール40mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。先発品として世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。日本で承認されているものと同様のものであり、強力な治療効果を得ることができます。

内容量 30錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にアトルバスタチン(Atorvastatin)として40mg含有
ブランド Pfizer (ファイザー)




□効果

 

リピトール10mgは血液中のコレステロールを減らすことができるお薬です。

日本でも有名な世界的製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって先発品として製造・販売されています。

リピトールは日本でも承認・販売されており、日本ではアステラス製薬株式会社により製造・販売されています。

リピトールは、米国ワーナー・ランバート社により新規に合成されたHMG-CoA還元酵素阻害作用を有するアトルバスタチンの製剤です。

わが国では山之内製薬とワーナー・ランバートが共同開発し、高コレステロール血症、家族性高コレステロール血症に対し優れた有用性が認められています。

リピトール40mgは、服用することでHMG-CoA還元酵素を阻害することでコレステロールの合成を阻害し、血中コレステロール値を低下させることができます。

1日1回10mg投与により、81.4%の患者を総コレステロール値で220mg/dL未満に、85.1%の患者をLDL-コレステロール値で140mg/dL未満に到達させたと報告されています。


□使用法

コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
  • 年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日20mgまで増量できる。

家族性高コレステロール血症

  • 通常、成人にはアトルバスタチンとして10mgを1日1回経口投与する。
  • 年齢、症状により適宜増減するが、重症の場合は1日40mgまで増量できる。



□副作用

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

  • 筋肉痛、脱力感、赤褐色尿 [横紋筋融解症、ミオパシー、免疫性壊死性ミオパチー]
  • 吐き気・嘔吐、全身倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる [劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸]
  • 咽頭痛・頭痛・頭重、全身倦怠感、鼻血・歯ぐき・皮下の出血 [無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症]
  • 発熱、食欲不振、赤い発疹 [皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、多形紅斑]
  • 口渇、多飲・多尿、疲れやすい [高血糖、糖尿病]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。




□おしらせ

日本でも、リピトールは病院から処方してもらうことができます。
しかし、日本で承認・販売されているリピトールは有効成分を10mgまでしか含有しておらず、1箱30錠分のリピトール40mgと同量を手に入れるにはリピトール錠10mgが120錠必要です。

日本の病院から、リピトール錠10mgを120錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
リピトール錠10mgの価格:1錠88.2円×120錠=約10,590円
合計約14,090~15,090円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約4,230~4,530円かかります。





□レビュー

4年ほど前に中性脂肪が300overしたため、このリピトールと言う血液中のコレステロールを減らす薬を飲み始めました。今は130前後です。この薬は手放せません。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

リピトール40mg