おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

プラビックス28錠を格安で購入する方法は・・・

 

プラビックス28錠

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

脳卒中脳梗塞の予防に使用される医薬品です。有効成分クロピドグレルが、血小板の働きを抑えることにより血栓が形成されるのを防ぎます。

内容量 28錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 硫酸クロピドグレル(ClopidogrelHydrogenSulfate)75mg
ブランド Sanofi Aventis (サノフィ・アベンティス)




□効果

 プラビックス75mgは抗血小板剤に属するお薬で、血小板の働きを抑えることにより血液を固まりにくくし、血栓症、および塞栓症を防ぎます。 主に動脈硬化性疾患(脳梗塞症、心筋梗塞、末梢動脈硬化性疾患)、急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞)、ST上昇心筋梗塞予防の目的で服用します。血行を良くし、心臓、脳、身体への血液の循環を活発にします。

プラビックスは心臓麻痺、脳卒中血栓動脈硬化狭心症等の危険性を減少させます。フィブリノゲンは血液の凝固に必要な物質です。プラビックス75mgはフィブリノゲンが受容される特定の部分をブロックし、血液の凝固を減少させます。

また、プラビックス75mgの有効成分である硫酸クロピドグレルは、損傷した血管内壁に付着して、血液や血漿中に存在する様々な物質によって活性化させられた血小板から放出されるアデノシン2リン酸(ADP)と結合する受容体を遮断します。

プラビックス75mgの主成分である硫酸クロピドグレルは、これまで抗血小板剤として広く使用されてきた他の成分と同等の効果をもちながら、副作用が少なく安全性に優れているとされています。


□使用法

    • 使用量の目安
    • 通常、成人は1日1回1錠を経口服用してください。
    • 急性冠症候群の治療の場合は、服用開始量として300mgを服用し、その後1日1回1錠を服用してください。
      ※詳細は医師など専門家にご確認ください。
    • 虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合:
    • 出血を増強するおそれがあるため、特に出血傾向、その素因のある人は50mg1日1回から服用してください。 また空腹時の服用は避けることが望ましいとされています。

  • 経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞)の場合: アスピリン(81-100mg/日)と併用してください。



□副作用




□おしらせ





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

プラビックス28錠