おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

クロミドジェネリックを格安で購入する方法は・・・

 

クロミドジェネリック

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

世界中の不妊治療で多く使用されている排卵誘発剤です。排卵障害を改善することで妊娠確率を高めます。また、男性ホルモンの分泌が良くなり精子形成の促進効果が期待できることから男性不妊症に応用されることもあります。

内容量 50錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 クロミフェンクエン酸塩100mg
ブランド Serum Institute of India (SII)

卵巣を刺激してより良い排卵を起こし、卵巣機能を高めます。脳に働いて下垂体からのFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の分泌を促し、間接的に卵胞発育を刺激します。

卵巣機能が不調で排卵障害が起こっている方に排卵を誘発される目的・体外受精において良好な卵子を多数得る目的で使用されます。

通常であれば卵胞は1個しか発育しないような仕組みになっておりますが、クロミジェネリックのような排卵誘発剤を使用すると複数個の卵胞が発育して排卵されることがあります。そのため、多胎妊娠の確率が自然妊娠時より高まります。

また、女性においては卵巣の活動を刺激するFSH・LHは男性においては精巣(睾丸)の活動を促進して男性ホルモンのテストステロンの分泌を促進します。
テストステロンの分泌が促進されると、男性不妊症(乏精子症)の改善・男性機能の向上が期待できます。




□効果

 

クロミジェネリックは有効成分としてクロミフェンクエン酸塩100mgを含有する排卵誘発剤です。
日本含め世界中で使用されている排卵誘発剤クロミッド」のジェネリック医薬品で、インドの製薬会社Serum Institute of Indiaが製造販売しております。

クロミジェネリックは脳に作用して間接的に「FSH(卵胞刺激ホルモン)」と「LH(黄体刺激ホルモン)」の分泌を促し、卵胞を成熟させて妊娠に繋がる良い排卵を起こします。

排卵の成功率は約70%以上・妊娠率は約25%〜30%というデータがあります。原因が排卵障害のみである不妊症の改善に優れています。

ただし、クロミジェネリックを長期間服用していると頚管粘液の減少・子宮内膜が薄くなって逆に妊娠に悪影響を及ぼす恐れがあるため注意が必要です。
基本的には6周期以上は使用しません。

男性の不妊症にも応用されることがあります。男性においては有効成分クロミフェンによって男性ホルモンの分泌が促進され、精子形成の促進効果が期待できるためです。


□使用法

  • 排卵症の患者に対してクロミジェネリックによる排卵誘発を試みる場合には、まずGestagen・Estrogen testを必ず行い、消退性出血の出現を確認し、子宮性無月経を除外した後に服用を開始します。
  • 通常、1日1回有効成分クロミフェンとして50mgを5日間服用し、これを1クールとします。
  • 消退性出血もしくは月経開始5日目から服用開始するのが一般的です。
  • 1クールで無効の場合、1日100mg5日間に増量して5日間服用します。

最大限の効果を得るために

  • 症状や身体の状態によって適宜増減します。必ず医師が設定した治療スケジュールに従って正しく服用してください。
  • 毎日基礎体温を測って記録することを強く推奨します。
  • 効果の効き方によっては排卵が早まったり遅れたりすることがあります。排卵日検査薬を使用して排卵日を正しく予測し、予測排卵日付近数日間はできるだけ多くタイミングを取りましょう。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 重度の排卵障害の場合には注射と併用することがあります。
  • また、排卵後の高温期に黄体ホルモンを補充すると妊娠確率が高まります。



□副作用

主な副作用

  • 霧視、視覚症状、頭痛、ほてり、情動不安、いらいら、吐き気、食欲不振、尿量増加、体重増加、口渇、疲労感など

重大な副作用(ごく稀)

  • 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、卵巣腫大、卵巣茎捻転、下腹部痛、下腹部緊迫感、腹水貯留、胸水貯留、血液濃縮、血液凝固能亢進、呼吸困難など

最も注意したい副作用は「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」です。主な症状は腹部膨満感、下腹部痛、上腹部痛、腹水、胸水、咳、呼吸困難、尿量減少、血栓症などです。

また不妊治療目的で長期間(6周期以上)連続で服用すると、頚官粘液(排卵期に分泌される精子侵入を助けるおりもの)が減少したり着床に必要な子宮内膜が薄くなって逆に妊娠しにくくなってしまう恐れがあります。
6周期以上連続での服用は避けましょう。クロミジェネリックを6周期以上服用しても妊娠に至らない場合は、他の不妊原因を調べる必要があります。




□おしらせ

日本でも「クロミッド」「セロフェン」という商品名で製造販売されており、不妊治療においては非常にメジャーな薬です。

クロミッド50mg1錠の薬価は100.2円なので、100錠(100mg×50錠に相当する分)処方してもらう場合の薬代は10,020円になります。
ここに診察料・処方料などの受診費用が加算されると総額ではおよそ14,000円前後になることが想定できます。
不妊治療における排卵目的であれば保険適応となり3割負担で4,200円となります。

尚、内診や検査などがあった場合は更に数千円加算されます。
また、一般的にクロミッドは内診で卵胞の様子を見つつの周期ごとの処方です。一度に何十錠と大量に処方してもらうことは現実的ではありません。





□レビュー

クロミッドジェネリック
メタンジエノン(ダナボルDS)のオフサイクルに使用。
サイクルはオン5週間位、オフ2週間位。
クロミジェネリックを使用したから性欲が強くなる精液の量が増える等の体感はあります。
だいたい1週間くらいで精子の濃さが元通りに濃くなった事に気がつきました。
オンオフともにfinpecia、cytotamも併用しています。
175cm,90kg,体脂肪率約10%位、超筋肉質
アラフォー、髪フサフサ遺伝的脱毛要素無し、
ひげ体毛等はかなり濃い、
筋力レベル:ベンチプレス160kg、デッドリフト200kgでセットをこなすが停滞中
関節が弱く怪我が多い、回復力も非常に弱い、
同一部位を週2回以上、トレーニングするとすぐにオーバートレーニングになる。
重量レップス等明確に落ちる。
ステの効能:
怪我や筋肉痛の回復が体感上2倍に強化される感じ
ステの副作用:
使用中は乳首や乳輪が1.5倍位にプックリしてきてピリピリ感あり。
玉袋が明確に小さくなる。
ステ単独使用でも使用中止するほどの副作用は感じないが、せっかくのテストステロンが過剰に脂と女性ホルモンに変換されている感はある為、finpecia、cytotamはオンオフともに使用。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

クロミドジェネリック