おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ロニタブ5mg(ミノキシジル錠)を格安で購入する方法は・・・

 

ロニタブ5mg(ミノキシジル錠)

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

発毛外来という受診科目が設置され、薄毛は病院で治療をうけることができる時代になりました。現時点の医学で男性の薄毛治療への効果を認定している成分は、この「ミノキシジル」と脱毛予防の「フィナステリド」との2種類だけです。

内容量 10錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 ミノキシジル(Minoxidil)5mg
ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)




□効果

 

ロニタブは、ミノキシジルを有効成分とする薄毛治療薬です。

ロニタブの先発品である「ロニテン」は元々、高血圧治療薬として開発されました。臨床試験の段階でロニテンを服用した人に多毛が認められたことから、近年においては発毛・育毛剤としての知名度の方が圧倒的に高くなっているようです。

日本ではミノキシジルは外用剤でのみ、厚労省の許可が下りています。皆さんもよくご存じの、大正製薬の「リアップ」です。海外では「ロゲイン」という名称で販売されています。

外用剤が皮膚からの吸収であるのに対し、ロニタブは全身の血流に乗って頭皮の隅々まで届くため、強力な発毛作用を発揮します。

ミノキシジルは、血管を拡張することより、毛細血管から毛乳頭に栄養を与え、発毛・育毛を促進します。毛根にある毛乳頭は、ヘアサイクルを司る非常に大切な器官です。ここにしっかりと栄養が行き届くことで、健康的な毛髪の育成がしやすくなると言われています。逆に、頭皮部分の血行が悪くなければ、育毛もうまく進まないと考えられています。

また、ミノキシジルは毛根に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛を促します。他にAGA治療薬として有名なフィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)とは異なる作用機序をもつため、これらの薬との併用が可能です。

ミノキシジルには発毛・育毛作用があるのに対し、フィナステリドは脱毛抑制薬であり、あくまで発毛・育毛効果はありません。ミノキシジルなどの発毛薬と脱毛抑制薬を併用したほうが効果は高く、脱毛抑制薬は、頭頂部型のAGAの場合はフィナステリド、前頭部型や全頭型のAGAの場合ではデュタステリドが有効なようです。そのためロニタブをフィナステリドやデュタステリド併用することもおすすめです。

AGAは放っておくとどんどん進行するため、早めの治療を心がけましょう。


□使用法

ロニタブは発毛・育毛促進目的で服用する場合、1日2.5-5mgを服用するのが一般的とされています。基本的には1日1回、1錠を水またはぬるま湯と一緒に服用します。2.5mgでも十分に効果はあるので、服用初期は半錠(2.5㎎)×2 回/日から始めると良いいでしょう。

服用のタイミングは、食前食後関係ありません。しかし、薬の血中濃度を安定させるため、服用するおおよその時間は決めておくとよいでしょう。(例:就寝前など)

症状にあわせて適宜増減できますが、推奨されている用法は1日1回10~40mgの服用です。 最大で1日100mgまで増量して服用することが可能です。

アルコールはロニタブと同じく血管拡張(血圧を下げる)作用があるので、一緒に飲まない方がよいです。アルコールを飲んだ場合は酔いが覚めるまではロニタブを飲まないようにしましょう。

効果が出る時期は個人差があります。

効果があるかどうかの判断は最低でも3ヶ月間の服用は必要とされています。なぜなら健康な成人男性の場合、1か月に伸びる髪の長さはおよそ1㎝と言われ、目に見える効果を実感するには3ヶ月ほど必要だからです。量は少なくてもいいので、とにかく一定期間継続することが何よりも大事です。効果が中々現れないからといって服用量を増やしてしまうと、かえって副作用が起こりやすくなってしまいますので止めましょう。

ロニタブには血管を拡張し、血圧を下げる効果があります。そのため、元々高血圧で降圧剤(血圧を下げる薬)を飲んでいる人、低血圧の人は血圧が下がり過ぎて気分不快やめまい、ふらつきを起こすことがあるため注意が必要です。

ロニタブはフィナステリドやデュタステリドなどのホルモンに作用する薬剤とは異なり、精液や皮膚粘膜を通じて男性胎児に影響を与える可能性は少ないと言われています。しかし、可能性はゼロというわけではため、子づくりを予定する男性は少なくとも子づくりの1ヶ月前からロニタブの服用は控えるとよいでしょう。ただ、ロニタブを休薬している期間、AGAは進行してしまうため、その間はより影響の少ない外用剤などに切り替えるのもひとつの方法です。

AGAに有効な成分として米国食品医薬品局(FDA)の認可を受けたミノキシジルですが、実は発毛剤として、経口のミノキシジルを認可、推奨している国はありません。

理由として、ミノキシジルは循環器系の副作用が起こすことがあるためです。局所的な外用剤と比較して、内服薬のほうが直接体内に入る分、副作用のリスクは増大します。そのためロニタブを含む、ミノキシジルの経口製剤を初めて服用する際には、必ず専門医にご相談されることを推奨します。




□副作用

ロニタブでよく起こる副作用として、全身の多毛(体毛が濃くなる)、赤ら顔、低血圧、むくみ、動悸、ニキビ、ほてり、めまい、ふらつきなどがあります。

重大な副作用としては、心不全狭心症心筋梗塞、心肥大、不整脈などがあり、心血管系の持病がある方はロニタブを服用することができません。ロニタブを服用してこれらの症状やそれ以外でも体調の異変に気付いたときはすぐに服用を中止して、受診することをおすすめします。

そのため、ロニタブを含む、ミノキシジルの経口製剤を初めて服用する際には、必ず専門医にご相談されることを推奨します。 また半年に1度程度、BNP心不全マーカー)を含む血液検査、心電図、尿検査(微量アルブミン)を受けることをおすすめします。




□おしらせ





□レビュー

今年26歳になる事務系の会社員ですが、最近前髪の後退が目立ち始め、彼女や両親にも指摘されるようになり落ち込んでいました。
仕事中のパソコンの画面の見過ぎや遺伝の影響か…?と悩んでいたところ駅で広告を見て、数ヶ月前から都内のAGA専門クリニックで医師の検診、血液検査、診断を受けミノキシジルプロペシアを処方してもらっていました。
しかし値段が高く、今後の継続について悩んでいたところ、ジェネリック製のこちらを発見。ネットで評判を調べてみましたが特に問題もなさそうで正規品と変わりなさそうだったためすぐに注文してみました。
ベストケンコーさんは以前も使用したことがあったのですが、注文もしやすく届くのも早い。
海外からでしたが1週間程度で手元に到着しました。
AGAクリニック分を合わせてまだ服用から2ヶ月程度ですが、初期脱毛と共に生え際に産毛が目立つようになってきました。
彼女や両親からも生えてきたのが目に見えて分かるといってもらえています。
ただ、初期脱毛が思っていたよりもひどく、お医者さんにも若い頃からの服用の方が間違いなく効果があるとのお言葉をいただきました。
これからの成長が楽しみなので継続して飲みたいと思います。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ロニタブ5mg(ミノキシジル錠)