おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

フェマーラを格安で購入する方法は・・・

 

フェマーラ

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

フェマーラは、閉経後乳癌治療薬です。服用することでホルモンのバランスを整えることができ、女性ホルモンが原因で起こる乳癌を治療します。強力な効果があり、進行性乳がんに用いるほか、手術後の癌再発予防目的に補助療法としても用いられることも多いです。

内容量 30錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にレトロゾール(Letrozole)として2.5mg含有
ブランド Swati Spentose (スァティ・スペントース)




□効果

 

フェマーラは閉経後乳癌の治療薬です。

服用することでホルモンのバランスを整えることができ、女性ホルモンが原因で起こる乳癌を治療します。

フェマーラは、スイス・バーゼルに本拠地を置く国際的な製薬・バイオテクノロジー企業であるNovartis(ノバルティス)社によって製造・販売されています。

世界中に数多くの優れた医薬品を提供しており、アメリカの世界最大の英文ビジネス誌であるフォーチュン(Fortune)誌の「世界で最も称賛される企業2013」において、3年連続で医薬品企業No.1に輝いています。

ノバルティス社は世界中に拠点をもち、日本でも優れた医薬品を医療機関に提供していて、現在では日本の医療業界においてなくてはならない存在となっています。

フェマーラもそんな優れた医薬品の1つであり、日本だけでなく100ヵ国以上の国や地域で使用されています。

強力な効果があり、進行性乳がんに用いるほか、手術後の癌再発予防目的に補助療法としても用いられることも多いです。


□使用法

  • 通常、成人にはレトロゾールとして1日1回2.5mgを服用します。

最大限の効果を得るために

  • フェマーラは内分泌療法剤であり、がんに対する薬物療法について十分な知識・ 経験を持つ医師の下で、本剤による治療が適切と判断される患者についてのみ使用するようにしてください。



□副作用

フェマーラは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。
報告されている副作用の症状と発症頻度は以下の通りです。

<5%以上>

<1~5%未満>

  • 白血球数減少、高カルシウム血症、食欲不振、体重増加、頭痛、浮動性めまい、高血圧、悪心、嘔吐、LDH増加、そう痒症、発疹、多汗、関節痛、筋痛、尿蛋白陽性、疲労、けん怠感、口渇

<1%未満>

  • 血小板増加、白血球分画異常、単球数減少、好塩基球数増加、リンパ球数減少、血中クロール増加、血中コレステロール減少、血中カリウム減少、低蛋白血症、アルブミングロブリン比減少、易興奮性、注意力障害、傾眠、しびれ感、味覚障害、回転性めまい、耳鳴、動悸、低血圧、潮紅、咽頭痛、消化不良、腹痛、便秘、腹部膨満、上腹部痛、軟便、歯痛、口内炎、血中ビリルビン増加、冷汗、局所性表皮剥脱、湿疹、脱毛症、関節硬直、背部痛、関節炎、BUN増加、乳房痛、膣出血、膣分泌物、熱感、脱力、上肢浮腫、全身浮腫、胸痛

<頻度不明>

  • 食欲亢進、体重減少、うつ病、不安、不眠症、記憶障害、異常感覚、白内障、眼刺激、霧視、頻脈、呼吸困難、下痢、皮膚乾燥、蕁麻疹、骨痛、骨折、骨粗鬆症、頻尿、尿路感染、膣乾燥、発熱、粘膜乾燥、腫瘍疼痛

これら以外にも、フェマーラを服用して副作用を起こすおそれがあります。
フェマーラを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□おしらせ

フェマーラは日本でも承認されており、病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱30錠分のフェマーラを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
フェマーラの価格:1錠505.9円×30錠=約15,180円
合計約18,680~19,680円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約5,610~5,910円かかります。





□レビュー

二回目こちらで購入しました。商品もいい状態で届いたので満足しています。実際に使用してみた感想は、いい感じです。
発予防目的に使用しています。値段も安く購入できるので、これからもベストケンコーさんに
お世話になろうと思っています。なによりも病気の再発の助けになれば、なにも問題はありません。
これからもよろしくお願いします。
フェマーラはアロマターゼ阻害薬であるレトロゾールを成分とし、閉経後の乳がん治療に用いられる治療薬です。
乳がんは、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響を受けて大きくなる性質があります。エストロゲンは、閉経前は卵巣でたくさん作られますが、閉経後は副腎皮質で酵素のアロマターゼが作用することによりアンドロゲン(男性ホルモン)からエストロゲンに変換されます。このエストロゲンの影響を低減させることにより、乳がんの増殖を抑制しようとする治療法がホルモン療法(内分泌療法)です。
フェマーラの成分であるレトロゾールは、アロマターゼの働きを阻害するため副腎皮質からのエストロゲン産生を抑制する働きがあります。その作用特性から、閉経後のホルモン療法として用いられ、ホルモン反応性が高い女性ホルモン受容体陽性乳がんの場合に高い有効性が期待でき、予後の改善にもつながります。エストロゲン分泌の抑制により卵胞刺激ホルモンが分泌され排卵が誘発される作用もあり、不妊治療薬としても用いられることがある成分です。
飲み忘れに気付いた際は、思い出したときすぐに服用してください。ただし、次の服用時間が近いときは忘れた分は服用しないでください。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

フェマーラ