おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ザイロリック100mgを格安で購入する方法は・・・

 

ザイロリック100mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

ザイロリック100mgは、痛風の原因となる高い尿酸値を下げてくれるお薬です。尿酸の合成を強力に抑制し、血中尿酸値を低下させることにより治療効果をあらわします。世界的な製薬企業グラクソ・スミスクラインによって製造・販売されており、30年以上の実績のあるお薬です。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 アロプリノール(Allopurinol)100mg
ブランド GlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)




□効果

 

ザイロリック100mgは、1956年にイギリス・ウエルカム研究所(現在のグラクソ・スミスクライン社)によって発見された高尿酸血症治療薬です。

現在でもグラクソ・スミスクライン株式会社によって製造・販売されています。

1錠に有効成分としてアロプリノールを100mg含有しています。

世界107ヵ国以上の国や地域で承認されており、日本でも多くの医療機関から高尿酸血症の治療のために処方されています。

高尿酸血症は、痛風の原因となる疾患です。

尿酸とは、体内に存在するプリン体などが分解された最終産物であり不要な老廃物です。

血中の尿酸値が高い状態が持続すると、尿酸が体内で結晶化し、その結晶が足の親指関節などに沈着することで激痛が生じる痛風発作を起こします。

そのため、痛風発作や腎障害の予防のために高尿酸血症の改善が急務とされています。

ザイロリック100mgは、痛風の原因となる尿酸の合成を強力に抑制することで血中の尿酸値を低下させ、痛風発作による節々の痛みや、尿酸結石の形成を予防することができます。

注意点は、ザイロリック100mgは、すでに起きてしまった痛風発作の痛みには効果がないということです。

痛風発作が起きて激しい痛みがあるときは、発作用のお薬を服用するようにしてください。


□使用法

  • 通常、成人は1日量アロプリノールとして200~300mgを2~3回に分けて食後に服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減します。

最大限の効果を得るために

      特に食後に服用した場合、副作用が起こりにくいです。 

併用して相乗効果のある薬剤




□副作用

調査症例2,866例中、118件(4.1%)の副作用が認められました。
報告されている副作用の症状と発症頻度は以下の通りです。

<0.1~5%未満>

  • 発疹、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢、全身倦怠感、脱毛

<0.1%未満>

  • 貧血、浮腫

<頻度不明>


    服用してなにか気になる症状があれば、速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。



□おしらせ

ザイロリック100mgは、日本でも承認されているので病院から処方してもらうことができます。
1箱100錠分のザイロリック100mgを、日本の病院から処方してもらうのにかかるコストは、

病院の診察料や処方料:3,500~4,500円
ザイロリック100mgの価格:1錠21.5円×100錠=2,150円
合計5,650~6,650円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,700~2,000円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ザイロリック100mg