おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ザイロリックジェネリック300mgを格安で購入する方法は・・・

 

ザイロリックジェネリック300mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

ザイロリックジェネリック300mgは、高尿酸血症治療薬ザイロリック錠のジェネリック医薬品です。世界的に有名なジェネリックメーカーによって製造・販売されており、安心・安全でありながら効果は強力なので人気のお薬です。

内容量 28錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にアロプリノール(Allopurinol)として300mg含有
ブランド Teva Pharmaceutical Industries Ltd. (テバファーマスーティカル・インダストリーズ)




□効果

 

ザイロリックジェネリック300mgは、尿酸値が高いことにより発生する耐え難い痛み(痛風発作)を予防するためのお薬ザイロリック錠のジェネリック医薬品です。

ザイロリックジェネリック300mgは世界的に有名なジェネリックメーカーであるTeva Pharmaceutical Industries Ltd(テバファーマスーティカル・インダストリーズ)によって製造・販売されています。

テバグループは、製薬メーカーとしては世界10位以内、ジェネリックメーカーとしては世界No.1の企業です。

1901年に創業され、現在では従業員数は約58,000人で、世界100ヵ国で展開されています。

世界No.1ジェネリックメーカーだけあり、ザイロリックジェネリック300mgは、先発品ザイロリック錠に勝るとも劣らない優れた効果をあらわします。

日本でもテバグループのザイロリックジェネリックは展開しています。

アロプリノール錠「テバ」という名前で製造・販売されており、日本の多くの医療機関で処方されています。

ザイロリックジェネリック300mgは、服用すること尿酸の生合成をおさえ、体内の尿酸を減らすことができます。

尿から排出される尿酸が減少するので、尿酸結石を合併している人に特におススメです。


□使用法

有効成分アロプリノールは、日本及び海外で承認されている用法がそれぞれ異なります。
日本及び海外で承認されている用法は、以下の通りです。

<日本で承認されている用法>

  • 通常、成人は1日量アロプリノールとして200~300mgを2~3回に分けて食後に服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減します。

<海外で承認されているアロプリノールの用法>

  • 成人-副作用の危険性を低下させるために、低用量、例えば100mg/日から開始し、血清中の尿酸塩の反応が不十分な場合にだけ増量すること。
  • 症状が軽度の場合では1日100~200mg、中等度の場合には1日300~600mg、重度の場合には1日700~900mg。
  • 体重により用量設定する必要がある場合には、2~10mg/kg/日とすること。

最大限の効果を得るために

  • 服用中は摂水量を多くし、1日の尿量を2L以上とすることが望ましい。(尿量を多くして結石の形成を予防するためにできるだけ水分を多くとるように)

併用して相乗効果のある薬剤




□副作用

有効成分アロプリノールは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。
報告されている副作用の症状と発症頻度は以下の通りです。

<0.1~5%未満>

  • 発疹、食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢、全身倦怠感、脱毛

<0.1%未満>

  • 貧血、浮腫

<頻度不明>




□おしらせ

日本では、先発品のザイロリック錠100mgを病院から処方してもらうことができます。
しかし、日本のザイロリック錠100mgは有効成分アロプリノールを100mgしか含有しておらず、ザイロリックジェネリック300mgの1/3しかありません。
1箱28錠分のザイロリックジェネリック300mgと同じ量を処方してもらうには、ザイロリック錠100mgが84錠必要です。

日本の病院から、ザイロリック錠100mgを84錠分処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ザイロリック錠100mgの価格:1錠21.5円×84錠=約1,810円
合計約5,310~6,310円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,600~1,900円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

ザイロリックジェネリック300mg