おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

バルシビル500mgを格安で購入する方法は・・・

 

バルシビル500mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

バルシビル500mgは、有名なヘルペス治療薬であるバルトレックスのジェネリック医薬品です。服用することで単純疱疹(ヘルペス)だけでなく、水痘(みずぼうそう)など様々なウィルス性疾患に治療効果をあらわします。早く飲めば飲むほど効果があるので、常備薬にするのもおススメです。

内容量 30錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にバラシクロビル(Valaciclovir)として500mg含有
ブランド Cipla (シプラ)




□効果

 

バルシビル500mgは、有名なヘルペス治療薬であるバルトレックスのジェネリック医薬品です。

服用することで、単純疱疹(口唇ヘルペス、性器ヘルペスなど)や帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)の原因となるウィルスに作用し治療効果をあらわします。

バルシビル500mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

バルシビル500mgもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら優れた治療効果があります。

先発品であるバルトレックスに勝るとも劣らない効果を発揮し、病気の原因となるウィルスが増殖するのを抑制することができます


□使用法

<単純疱疹>

  • 通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回服用します。

<造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制>

  • 通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日2回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで服用します。

帯状疱疹

  • 通常、成人にはバラシクロビルとして1回1,000mgを1日3回服用します。

<水痘>

  • 通常、成人にはバラシクロビルとして1回1,000mgを1日3回服用します。

<性器ヘルペスの再発抑制>

  • 通常、成人にはバラシクロビルとして1回500mgを1日1回服用します。なお、HIV感染症の患者(CD4リンパ球数100/mm3以上)はバラシクロビルとして1回500mgを1日2回服用します。

最大限の効果を得るために

  • 本剤の服用は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に服用を開始するようにしてください。なお、目安として、帯状疱疹の治療においては皮疹出現後5日以内に、また、水痘の治療においては皮疹出現後2日以内に服用を開始することが望ましいです。
  • 単純疱疹の治療においては、本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えるようにしてください。ただし、初発型性器ヘルペスは重症化する場合があるため、本剤を10日間まで使用可能です。
  • 成人の水痘の治療においては本剤を5~7日間、小児の水痘の治療においては本剤を5日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えるようにしてください。
  • 帯状疱疹の治療においては、本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替えるようにしてください。
  • 本剤による性器ヘルペスの再発抑制療法は、性器ヘルペスの発症を繰り返す患者(免疫正常患者においては、おおむね年6回以上の頻度で再発する方)が行うようにしてください。また、本剤を1年間服用後、服用継続の必要性について検討することが推奨されています。
  • 本剤は主薬の苦みを抑えるために、コーティングを施しています。そのため、錠剤を割ったりつぶしたりせずに服用するようにしてください。

併用して相乗効果のある薬剤

性器ヘルペスの再発抑制に対して本剤を服用する場合、セックスパートナーへの感染も抑制できることがわかっています。

しかし、セックスパートナーへの感染リスクが0になるわけではないので、コンドームの使用等が推奨されています。




□副作用

バルシビル500mgの有効成分バラシクロビルは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

報告されている副作用の症状と発症頻度は以下の通りです。

頻度別の主な副作用や臨床検査値異常

<0.5%以上>

  • 肝機能検査値の上昇

<0.5%未満>

  • 発疹、蕁麻疹、瘙痒、嘔気、嘔吐、腹部不快感、下痢、腹痛、めまい、頭痛、意識低下、腎障害、排尿困難

<頻度不明>

これら以外にも、服用することで副作用を起こすおそれがあります。

バルシビル500mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□おしらせ

日本では、先発品であるバルトレックス錠500を病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱30錠分のバルトレックス錠500を処方してもらうのにかかるコストは、
病院の診察料や処方料:3,500~4,500円
バルトレックス錠500の価格:1錠375.7円×30錠=約11,280円
合計約14,780~15,780円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約4,440~4,740円かかります。





□レビュー

ゾビラックス系は一日5回ですがバルトレックス系は一日に2回で済むのでこちらにしました
前回一日5回って飲み忘れや時間管理が大変でした
次回はバルトレックス系のセントレックスにしようかと思っています

内服治療では昔はアシクロビル(商品名ゾビラックス)というお薬が主流でしたが、作用時間が短く、1日5回も服用しなければならないのが欠点でした。バラシクロビル塩酸塩はアシクロビルの弱点である作用時間を改善し、1日2~3回の服用で済むため、現在ヘルペスの内服治療では主流となっています。

上記の記載をみつけこちらにしました
皆さん同じように悩まれているのですね

飲み方のポイントはなるべく早く飲むことで、ヘルペスが再発する前に出る、皮膚がピリピリ、チクチク、ムズムズする違和感、かゆみやほてりなどを感じたらすぐに服用しましょう。特に再発抑制目的で服用するなら、目安は症状が出て6時間以内、遅くても24時間以内に服用するのが効果的です。

この説明も大切でした。
常備しておいての早め早めの服用が良いみたいです。

一度ヘルペスにかかり再発の恐れがある方は、セントレックスを常備しておくことで、60%から70%の割合で再発が予防できます。病院にかかる時間がないと、治療のタイミングを逃してしまいがちなので、セントレックスを常備しておくことをオススメします。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

バルシビル500mg