おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ケフレックスジェネリックを格安で購入する方法は・・・

 

ケフレックスジェネリック

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

ケフレックスジェネリックは、強力な抗生物質ケフレックスカプセル250mgのジェネリック医薬品です。服用することで細菌を殺菌することができます。細菌が原因で起こる感染症を治療することができ、感染症に伴う諸症状を改善します。

内容量 150錠/箱
剤形 分散錠
有効成分 1錠中にセファレキシン(Cefalexin)として250mg含有
ブランド Lupin Limited (ルピン)




□効果

 

ケフレックスジェネリックは、強力な抗生物質ケフレックスカプセル250mgのジェネリック医薬品です。

服用することで細菌を殺し、細菌が原因で起こるいろいろな感染症を治療することができます。

ケフレックスジェネリックは、1968年に創業されたインドのムンバイに本社を置く製薬企業ルピン(Lupine Ltd)社によって製造・販売されています。

アメリカ、オーストラリア、アジア、EUなど世界100ヵ国以上の国や地域で医薬品を販売しており、世界でも有数のジェネリック医薬品メーカーとなっています。

日本でもルピン社は展開しており、共和薬品工業はルピングループの一員として多くのお薬を医療機関に供給し、たくさんの患者にルピングループのお薬が処方されています。

ルピングループは、ジェネリック医薬品メーカーとして常にトップ10にランクインするほどの大企業です。

高品質なジェネリック医薬品を多数開発しており、ケフレックスジェネリックもそんなジェネリック医薬品の1つです。

服用することで細菌に感染された部位まで速やかに有効成分が到達し、病気の原因なる細菌を殺すことで治療効果を発揮します。

風邪によって起こるのどの痛みや、膀胱炎、外耳炎や中耳炎、副鼻腔炎に治療効果をあらわすだけでなく、性行為感染症で有名な淋菌感染症にも優れた治療効果を得ることができます。


□使用法

  • 通常、成人及び体重20kg以上の小児にはセファレキシンとして1回250mgを6時間ごとに服用します。
  • 重症の場合や効き目が弱い場合には1回500 mgを6時間ごとに服用します。
  • 年齢、体重、症状により適宜増減します。



□副作用

ケフレックスジェネリックの有効成分セファレキシンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。
報告されている副作用の症状と発症頻度は以下の通りです。

<5%以上又は頻度不明>

  • 発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒、発熱、リンパ腺腫脹、関節痛等

<0.1~5%未満>

  • 悪心、嘔吐、下痢、軟便、腹痛、食欲不振、胃不快感等

<0.1%未満>

  • 顆粒球減少、好酸球増多、血小板減少、黄疸、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、Al-P上昇、口内炎カンジダ症、ビタミンK欠乏症状(低プロトロンビン血症、出血傾向等)、ビタミンB群欠乏症状(舌炎、口内炎、食欲不振、神経炎等)、頭痛、めまい、全身倦怠感

これら以外にも、ケフレックスジェネリックを服用して副作用を起こすおそれがあります。
ケフレックスジェネリックを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□おしらせ

日本では、先発品のケフレックスカプセル250mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱150カプセル分のケフレックスカプセル250mgを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
ケフレックスカプセル250mgの価格:1カプセル30.9円×150カプセル=約4,640円
合計約8,140~9,140円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,450~2,750円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

ケフレックスジェネリック