おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

アキュレティック10mgを格安で購入する方法は・・・

 

アキュレティック10mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

Pfizer (ファイザー)社が製造・販売する高血圧症の治療薬です。キナプリルとヒドロクロロチアジドの2つの成分が配合されており、相互作用によってより効果的に血圧を下げます。

内容量 30錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 キナプリル10mg、ヒドロクロロチアシド12.5mg
ブランド Pfizer (ファイザー)




□効果

 

アキュレティック(ACCURETIC)は、血圧を上げるホルモンのひとつであるアンジオテンシンⅡを阻害する、ACE(アンジオテンシン変換酵素)阻害薬と尿の排泄を促し細胞外液量(腎臓でナトリウムや水分)の再吸収を抑え尿の量を増やし、血圧を下げる効果があるヒドロクロロチアシドを持ち合わせたお薬です。

アンジオテンシンⅡは、血管を収縮させたり、腎臓でのナトリウムや水分の排出を抑えて血液量を増やす作用があり、血圧を上げる働きをします。アキュレティック(ACCURETIC)に含まれるキナプリルは、この働きを抑える作用があり、アンジオテンシンⅡが作られなければ、その結果、血管は拡がり、血圧が下がります。

ACE阻害薬によって「本態性高血圧症の根本治療に一歩近づいた」とも言われています。

そして、アキュレティック(ACCURETIC)に含まれる利尿剤(ヒドロクロロチアシド)によって、血液量を増やすナトリウムや水分を排出することにより、血圧をより効果的にすばやく下げることができます。


□使用法

  • 使用量の目安
  • 1日1錠を服用します。
  • 1日の使用量はキナプリル80mgヒドロクロロチアシド50mgを超えて使用しないでください。
  • 初めて服用する場合は、錠剤を半分にして使用することをお勧めします。その後、徐々に薬の量を増やしていきます。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。


□副作用

以下に該当する方は、アキュレティック(ACCURETIC)の使用を控えてください。

  • アキュレティックを服用をして、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。
  • 血液透析中の方
  • 電解質失調(血中ナトリウム、カリウム、カルシウム量の異常)の方
  • 腎疾患、肝障害、冠硬化症、脳動脈硬化症、下痢・嘔吐、副甲状腺機能亢進症、減塩療法中、交感神経切断後の方
  • 痛風・糖尿病の方
  • 妊娠または授乳中の方
  • 高齢者の方

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません




□おしらせ

アキュレティック(ACCURETIC)の副作用を避けるためには、半錠から始めてみることが有効的です。その後、徐々に薬の量を増やしていくことをお薦めします。2錠分を1回で服用することは絶対しないでください。アキュレティックを1日1錠服用するだけで効果的な作用があります。今まで高血圧でお悩みの方や慢性心不全の方、息切れやむくみがある方や、糖尿病性腎症をお持ちの方に優れた降圧剤としてご利用いただけます。



□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

アキュレティック10mg