おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

プレマリン0.3mgを格安で購入する方法は・・・

 

プレマリン0.3mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

プレマリン0.3mgは、結合型エストロゲン製剤とよばれるお薬です。服用することで女性ホルモンを外部から補充することができ、女性ホルモンの不足によっておこる諸症状を改善することができます。更年期障害や膣炎、子宮出血の治療のために使用することができます。

内容量 28錠/箱
剤形 錠剤(糖衣錠
有効成分 1錠中に結合型エストロゲン(Conjugated Estrogens)として0.3mg含有
ブランド Pfizer (ファイザー)




□効果

 

プレマリン0.3mgは、結合型エストロゲン製剤です。

服用することで外部から女性ホルモンを大量に補充することができ、女性ホルモンの不足によっておこる諸症状を改善することができます。

主に更年期障害や膣炎、子宮出血の治療のために使用することができます。

プレマリン0.3mgは世界的に有名な製薬企業であるPfizer(ファイザー)社によって製造・販売されています。

ファイザー社は、アメリカ合衆国ニューヨーク州に本社をおく製薬企業です。

優れた医薬品を数多く世界中の医療機関に提供しているため、2013年には医薬品の売上高世界第1位に輝いています。

プレマリン0.3mgもそんなファイザー社が製造する高品質なお薬の1つで、日本のみならず世界中で承認・使用されています。


□使用法

  • 結合型エストロゲンとして、通常成人1日0.625~1.25mgを服用します。
  • 機能性子宮出血又は腟炎に対しては、1日0.625~3.75mgを服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減します。



□副作用

プレマリンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 最も注意するべき重要な副作用は、血栓症です。
  • 血栓症あるいは血栓塞栓症(四肢、肺、心、脳、網膜等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、下肢の疼痛・浮腫、突然の呼吸困難、息切れ、胸痛、中枢神経症状(めまい、意識障害四肢麻痺等)、急性視力障害等の初期症状があらわれた場合には服用を中止し、適切な処置を行うようにしてください。
  • これら以外には、ナトリウムや体液の貯留(浮腫、体重増加等)、帯下増加、不正出血、経血量の変化、乳房痛、乳房緊満感、発疹、蕁麻疹、血管浮腫、腹痛、悪心・嘔吐、食欲不振、膵炎、色素沈着、脱毛、頭痛、めまい、肝機能障害(AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P上昇等)、呼吸困難、血圧低下が起こることが報告されています。



□おしらせ

日本でもプレマリンは承認されており、病院から処方してもらうことができます。
日本では、1錠に結合型エストロゲンを0.625mg含有するプレマリン錠0.625mgを病院から処方してもらうことができます。
1箱28錠分のプレマリン0.3mgとほぼ同じ量を処方してもらうには、プレマリン錠0.625mgが14錠必要です。

日本の病院から、プレマリン錠0.625mgを14錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
プレマリン錠0.625mgの価格:1錠18.6円×14錠=約270円
合計約3,770~4,770円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約1,140~1,440円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

プレマリン0.3mg