おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

クリンダマイシンジェル(ダラシンジェネリック)を格安で購入する方法は・・・

 

クリンダマイシンジェル(ダラシンジェネリック)

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

クリンダマイシンジェルは世界中のニキビ治療において最も有名&主流で使用される外用薬「ダラシンゲル」のジェネリック医薬品です。ニキビの原因菌を殺菌してニキビによる炎症を治癒し、綺麗な肌に導きます。

内容量 15g/本
剤形 ジェル剤
有効成分 クリンダマイシン1%
ブランド Alkem Laboratories (アルケム・ラボラトリーズ)

クリンダマイシンジェルは世界的に有名で日本でも非常に多く使用されているニキビ治療外用薬「ダラシンTゲル」のジェネリック医薬品です。

ダラシンTゲルと同成分・効果でありながら安価でお買い得となっております。

クリンダマイシンジェルは抗生物質の外用薬で、ニキビの発症・悪化の原因であるアクネ菌ブドウ球菌を殺菌してニキビの炎症を抑えます。

主に化膿性の炎症を伴うニキビ、すなわち赤ニキビに対して使用されます。




□効果

 

クリンダマイシンジェルの有効成分クリンダマイシンは薬学的にはリンコマイシン系と呼ばれる抗生物質です。

細菌の生命活動であるタンパク質の合成を阻害することで細菌の増殖を抑制します。

ニキビは皮脂の過剰な分泌から毛包内の皮脂貯留・角化異常が起き、そこに細菌が増殖して皮膚が炎症することで起こります。

クリンダマイシンジェルはこの細菌に対して強い抗菌作用を発揮するため、殺菌により炎症や化膿を静めてニキビを治癒することが可能なのです。

軽度~中等度の赤ニキビに特に有効で、小児も使用できる安全性の高い外用薬です。


□使用法

  • クリンダマイシンジェルを通常1日2回、洗顔及びスキンケア後に患部に清潔な手で塗布してください。
  • 皮膚全体に塗布するのではなく、ニキビができている患部のみに局所的に使用してください。
  • 使用期間は医師の指示に従ってください。「本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため疾病の治療上必要な最小限の期間の使用にとどめること」とされています。
  • 基本的には炎症が収まったら中止します。
  • 耐性菌(抗生物質が効かなくなるように変異した菌)発現の恐れがあるため、蔓延的に使用しないでください。
  • 個人差がありますが、効果の十分な発現には1週間ほどかかります。臨床試験では4週間の使用で炎症ニキビが58%減ったというデータがあります。
  • 4週間以上クリンダマイシンジェルを使用しても効果が一向に見られない場合は効いていない可能性が高いです。その際は使用を中止して皮膚科を受診してください。

最大限の効果を得るために

  • 洗顔後はすぐにスキンケアをして(洗顔後そのまま放置すると肌が乾燥しやすくなります。)、毎日しっかりクリンダマイシンジェルを患部に塗布してください。
  • ニキビに頻繁に触ると細菌が繁殖して悪化する恐れがあるので、薬を塗布する以外には極力触らないようにしてください。できればファンデーションなどのメイクも控えることが望ましいですが、難しい場合は肌に負担の少ない化粧品を使用する・帰宅したらすぐメイクを落とす・パフやブラシは洗って清潔を保つなどの対策をしてください。

併用して相乗効果のある薬剤

  • ミノマイシン(商品名ミノマイシン、ミノサイクリン):特にニキビ治療に多く使用される抗生物質の内服薬です。
  • ロキシスロマイシン(商品名ルリッド):ミノマイシンと同様にニキビ治療に多く使用される抗生物質の内服薬です。
  • 過酸化ベンゾイル(商品名べピオゲル):ピーリング作用のあるニキビ治療外用薬です。過酸化ベンゾイルと本剤の有効成分クリンダマイシンとの配合剤「デュアック配合ゲル」も高い人気があります。



□副作用

  • クリンダマイシンジェルは最近人気のある新しいニキビ治療薬(ディフェリンゲル・べピオゲルなど)に比べると、肌への負担がごく僅かで副作用はほとんどありません。
  • 刺激感、ヒリヒリ感、つっぱり感、かゆみ、発赤、かぶれなどの皮膚症状が稀に報告されています。軽度であればさほど心配いりませんが、かぶれや炎症が起きた場合は使用を中止して皮膚科などの医療機関を受診してください。
  • 全身性の副作用はまずありませんが、有効成分クリンダマイシンの内服薬では下痢、腹痛、発熱などの症状が挙げられるので念のため注意してください。



□おしらせ

ダラシンTゲルを日本の医療機関で処方してもらう場合、薬価は1gで35.6円なので、薬代は15gで534円になります。
ここに診察料・処方料・調剤料などの受診費用が加算されると総額ではおよそ5,000円前後程度になりますが、保険適用の3割負担で実際には1,500円前後となるのであまり高額な出費はありません。

ただし、医師の判断にもよりますが今あるニキビに対する必要最低限の数の処方が基本なので、数本も大量に処方してもらうことは非常に難しいかと思われます。
また、血液検査など何らかの処置があった場合は1,000円~追加される可能性があります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

クリンダマイシンジェル(ダラシンジェネリック)