おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ゾビラックスクリームを格安で購入する方法は・・・

 

ゾビラックスクリーム

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

有効成分としてアシクロビルを含有する抗ヘルペスクリームです。日本を含め世界中で多く使用されております。口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純疱疹による皮膚症状を速やかに改善します。

内容量 2g/本
剤形 外用クリーム
有効成分 アシクロビル5%
ブランド GlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)

ゾビラックスクリームは日本を含め世界中で大人気の抗ヘルペスウイルス外用クリームです。
世界大手の製薬会社グラクソ・スミスクラインが製造販売しております。

ヘルペスウイルスの増殖を抑えることで、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純疱疹の症状(水ぶくれや発赤など)を改善します。

口唇ヘルペスの発症部位は口の周囲や唇で、性器ヘルペスの発症部位は女性は外陰部・膣の入り口・お尻で男性は亀頭(ペニスの先端)・包皮・陰茎体部・お尻です。

ただし、ゾビラックスクリームは皮膚表面のヘルペスにしか効果を発揮しません。
帯状疱疹の場合は有効成分アシクロビルなどの抗ヘルペスウイルス内服薬を服用する必要があります。
ゾビラックスクリームが有効なのは口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどの単純疱疹のみです。
また、単純疱疹でも重症の場合や外用薬で改善しなかった場合は抗ヘルペスウイルス内服薬を服用します。

単純疱疹は誰もが起こりうる、よくある感染症です。一度かかると再発しやすく、単純疱疹を1年のうちに何度も繰り返す体質の方も多くおられます。
発症初期にゾビラックスクリームを塗り始めることで、単純疱疹による皮膚症状を重症化させることなく速やかに改善することができます




□効果

 

ヘルペスウイルスには幾つかの種類があります。
口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどの単純疱疹は「単純ヘルペスウイルス」の感染によるもの、帯状疱疹水疱瘡は「水痘・帯状疱疹ウイルス」の感染によるものです。
広義的には両者ともヘルペスウイルス感染症ですが、症状の特徴や治療方法が異なります。

口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどの単純疱疹は皮膚上に発症するヘルペスウイルス感染症です。
患部周囲に水ぶくれや発赤がぽつぽつとできるのが主な症状で、一度発症すると人によっては再発しやすいのが特徴です。
単純疱疹ヘルペスは感染力が強く、タオルなどからも接触感染することがあります。
性器ヘルペス性感染症としても知られており、性行為やオーラルセックスで感染してしまうことが多いです。

帯状疱疹は身体の知覚神経の部分に発症するヘルペスウイルス感染症で、身体の片側の神経に沿って帯状に大量の水ぶくれや発赤ができて神経痛が引き起こされることが特徴です。

どちらとも風邪・疲労などで免疫力が低下している時に発症しやすい傾向にあります。

ゾビラックスクリームの適応症は「単純疱疹」のみとなります。
帯状疱疹は有効成分アシクロビルなどの抗ヘルペスウイルス内服薬の服用が必要です。
ヘルペスウイルス内服薬を服用しながら、皮膚症状のためにゾビラックスクリームを併用するのは有効です。


□使用法

  • 症状に合わせて、ゾビラックスクリーム適量を1日数回患部に塗布します。
  • 刺激感を感じる可能性があるため、性器ヘルペスの治療において陰部に使用する場合は膣内など粘膜部位には塗布しないように注意してください。
  • 塗り忘れた場合は、気付いた時に塗布して構いませんが、次の使用時間が近い時は飛ばしてください。一度に2回分を塗布しないでください。
  • 清潔な手でゾビラックスクリームを使用してください。また、塗布後は手を水や洗剤でよく洗い流して下さい。
  • 塗布した患部はそのまま放置してください。

最大限の効果を得るために

  • ヘルペス発症後、できる限り早急に使用を開始してください。初期段階での治療が治癒を早め、重症化を防ぐことができます。
  • 逆に言うと、治療が遅れてしまうと重症化する恐れがあります。

併用して相乗効果のある薬剤

  • ヘルペスウイルス内服薬(ゾビラックス、バルトレックスなど)



□副作用

ゾビラックスクリームの副作用はごく僅かですが、以下のような症状が稀に報告されております。

  • 接触皮膚炎、紅斑性発疹、皮膚刺激感、皮膚そう痒、皮膚灼熱感、皮膚薄片剥離、過敏症、血管浮腫、蕁麻疹、皮膚疼痛、皮膚乾燥



□おしらせ

ゾビラックスクリームは国内でも製造販売されており、多くの医療機関で使用されております。

ゾビラックスクリームの薬価は1gあたり280.5円であるため、2g処方してもらう場合の薬代は561円となります。
この薬代に診察料・調剤料などといった受診にかかる費用が加算されると総額ではおよそ4,000~5,000円になることが想定できます。
ただし、実際のお会計は保険適用の3割自己負担となり総額およそ1,200~1,500円となります。

何らかの検査や処置があった場合は更に1,000~数千円加算されます。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ゾビラックスクリーム