おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

リレンザ(抗インフルエンザ薬)を格安で購入する方法は・・・

 

リレンザ(抗インフルエンザ薬)

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

リレンザは有名な抗インフルエンザ薬です。吸入することでインフルエンザを治療・予防することができます。インフルエンザを発症したときに病院を受診しないで済むように手元に置いておきたい方や、大事な用事でインフルエンザに罹るわけにはいかない方の予防のためにおススメです。

内容量 4ブリスター×5シート(20回分)、吸引器
剤形 ドライパウダーインヘラー
有効成分 1ブリスター中にザナミビル水和物(Zanamivir Hydrate)をザナミビルとして5mg含有
ブランド GlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)




□効果

 

リレンザは有名な抗インフルエンザ薬です。

世界的に有名な製薬企業であるGlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)によって製造・販売されています。

吸入することでインフルエンザを治療・予防することができます。

リレンザは優れた抗インフルエンザ作用を持ち、世界中で承認・使用されています。

リレンザは、1990年、英国グラクソ・スミスクライン社がオーストラリアバイオタ社より導入し、その開発が本格的に開始されました。

海外では、第Ⅰ相試験が1993年より英国で実施され、その後欧州、北米及びオーストラリアを中心とする南半球で検討が重ねられ、有効性と安全性が認められたため、まず1998年にオーストラリアで本剤の承認申請が行われ、1999年3月に承認されました。

また欧州では相互認証制度の基準国であるスウェーデンで1999年2月に承認された後、他の欧州諸国(EU)14ヵ国すべてが1999年6月に、米国では1999年7月にそれぞれ承認となりました。

日本でも1999年12月にリレンザは承認されており、それ以来多くの医療機関でインフルエンザと診断された患者の治療のために処方されています。

リレンザは、インフルエンザに罹ったときに病院を受診するのは非常につらく、そんなときのために手元に置いておきたい方におススメです。

また、インフルエンザの予防のためにも使用できるため、大事な試験や面接、発表会など、インフルエンザに罹るわけにはいかない方にも使用できるので、そのような方の購入もおススメです。


□使用法

<治療に用いる場合>

  • 通常、成人及び小児には、ザナミビルとして1回10mg(5mgブリスターを2ブリスター)を、1日2回、5日間、専用の吸入器を用いて吸入する。

<予防に用いる場合>

  • 通常、成人及び小児には、ザナミビルとして1回10mg(5mgブリスターを2ブリスター)を、1日1回、10日間、専用の吸入器を用いて吸入する。



□副作用

リレンザは、使用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、下痢、発疹、悪心・嘔吐、嗅覚障害等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、ショック、アナフィラキシー、気管支攣縮、呼吸困難、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑、異常行動等が起こることが報告されています。

これら以外にも、リレンザを使用して副作用を起こすおそれがあります。
リレンザを使用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□おしらせ

リレンザは、日本の病院からも処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱20ブリスター分のリレンザを処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
リレンザの価格:1ブリスター147.1円×20ブリスター=約2,950円
合計約6,450~7,450円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,940~2,240円かかります。

注意点として、インフルエンザの治療の場合は問題なく保険が適応になりますが、予防目的のためにリレンザの処方を希望する場合は、いくつかの条件があるということです。
場合によっては全額自己負担となり、非常にコストがかかることもあるので、安価にリレンザの購入を希望するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するのがおススメです。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

リレンザ(抗インフルエンザ薬)