おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

クラビットジェネリック(レボクイン)250mgを格安で購入する方法は・・・

 

クラビットジェネリック(レボクイン)250mg100錠

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

レボクイン250mgは、膀胱炎や副鼻腔炎など様々な感染症治療薬クラビットジェネリック医薬品です。ニューキノロン系の抗生物質といわれる強力なタイプのお薬なので、服用することで速やかに細菌を強力に殺すことができます。

内容量 100錠/箱
剤形 フィルムコーティング剤
有効成分 1錠にレボフロキサシン(Levofloxacin)として250mg含有
ブランド Cipla (シプラ)

レボクイン250mgは、様々な感染症治療薬クラビットジェネリック医薬品です。

ニューキノロン系の抗生物質といわれる強力なタイプのお薬なので、1日1回服用するだけで速やかに細菌を強力に殺すことができます。

一般的な感染症だけでなく、女性がなりやすい膀胱炎や気管支炎、中耳炎などほとんどの感染症に改善効果があるので様々な診療科で使用されています。

レボクイン250mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

レボクイン250mgもそんな高品質なジェネリックの1つで、安価でありながら先発品のクラビット錠250mgと同等の優れた治療効果があります。

レボクイン250mgは、感染症にかかったときのための常備薬としても人気のお薬です。

日本では、病院を受診し医師から処方されなければ抗生物質を手に入れることができません。

しかし、膀胱炎などで病院を受診するのが気恥ずかしかったり、症状がつらく病院を受診できなかったり方もいるため、そのような方はあらかじめ手元にレボクイン250mgを置いておくのがすぐに服用することができるのでおススメです。




□効果

 

〈適応菌種〉
本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス、炭疽菌結核菌、大腸菌赤痢菌、サルモネラ属、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、クレブシエラ属、エンテロバクター属、セラチア属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、ペスト菌コレラ菌インフルエンザ菌緑膿菌アシネトバクター属、レジオネラ属、ブルセラ属、野兎病菌、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、アクネ菌、Q熱リケッチア(コクシエラ・ブルネティ)、トラコーマクラミジアクラミジア・トラコマティス)、肺炎クラミジアクラミジア・ニューモニエ)、肺炎マイコプラズママイコプラズマ・ニューモニエ)

〈適応症〉
表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの)、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、肛門周囲膿痬、咽頭喉頭炎、扁桃炎(扁桃周囲炎、扁桃周囲膿痬を含む)、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、尿道炎、子宮頸管炎、胆嚢炎、胆管炎、感染性腸炎、腸チフス、パラチフスコレラバルトリン腺炎、子宮内感染、子宮付属器炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、炭疽ブルセラ症、ペスト、野兎病、肺結核及びその他の結核症、Q熱


□使用法

  • 通常、成人にはレボフロキサシンとして1回500mgを1日1回服用します。
  • 疾患・症状に応じて適宜減量します。
  • チフス、パラチフスについては、レボフロキサシンとして1回500mgを1日1回14日分服用します。



□副作用

レボクイン250mgの有効成分レボフロキサシンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

主な副作用として、悪心、めまい、白血球数減少、不眠、発疹等が起こることが報告されています。

重大な副作用として、ショック、アナフィラキシー、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、痙攣等が起こることが報告されています。

これら以外にも、レボクイン250mgを服用して何か気になる症状があれば医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□おしらせ

日本では、レボクイン250mgの先発品であるクラビット錠250mgを病院から処方してもらうことができます。
日本の病院から、1箱100錠分のレボクイン250mgと同じクラビット錠250mgを100錠処方してもらうのにかかるコストは、

診察・処方料:3,500~4,500円
クラビット錠250mgの価格:1錠217.5円×100錠=21,750円
合計25,250~26,250円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約7,580~7,880円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

クラビットジェネリック(レボクイン)250mg100錠