おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

タミフルジェネリック(エンフルビル)を格安で購入する方法は・・・

 

タミフルジェネリック(エンフルビル)

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

超有名な抗インフルエンザ薬「タミフル」のジェネリック医薬品です。インフルエンザの予防・治療両方に有効です。感染後48時間以内に服用することで、インフルエンザの症状を軽減し回復を早めることができます。

内容量 10錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 リン酸オセルタミビル75mg
ブランド Atabay (アタベイ)




□効果

 

タミフルジェネリックは誰もがご存知の抗インフルエンザ薬「タミフル」のジェネリック医薬品です。先発品であるタミフルと同一成分・効果でありながら安価でお買い得です。
商品名は「エンフルビル」です。

インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症です。発熱、頭痛、喉痛、鼻水、咳、筋肉・関節痛などの風邪に似た症状が急激に現れ、3日ほど高熱が続き数日かけて回復します。

タミフルジェネリックはインフルエンザの治療薬として有名ですが、発症前に10日間服用することでインフルエンザ予防効果も発揮します。
治療目的ではもちろんのこと、受験など大事なイベントがあってインフルエンザ感染を避けたい時に予防目的で服用しておくと安心です。

主に毎年流行するA型とB型インフルエンザに有効ですが、新型インフルエンザの多くに対しても有効です。たまにタミフル耐性を持ったウイルスが発現することがあるので注意が必要です。

近年国内では1回飲みきりの抗インフルエンザ内服薬(商品名ゾフルーザ)や1回吸入するだけの抗インフルエンザ吸入薬(商品名イナビル)など新しい薬が販売されていますが、これらの抗インフルエンザ薬は服用が楽な反面「1回勝負だから失敗(吐いてしまったり咳き込んだり)できない」といったデメリットもあるため、服用に不安がある方や確実に効果を発揮させたい方はタミフルジェネリックがお勧めです。


□使用法

<インフルエンザ治療目的で使用する場合>

  • タミフルジェネリックを通常成人及び体重37.5kg以上の小児はオセルタミビルとして1回75mgを1日2回、5日間服用します。

<インフルエンザ予防目的で使用する場合>

  • タミフルジェネリックを通常成人はオセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間服用します。
  • 体重37.5kg以上の小児はオセルタミビルとして1回75mgを1日1回、10日間服用します。

最大限の効果を得るために

  • 飲み忘れのないように、しっかり飲みきってください。
  • インフルエンザウイルスは細胞内に侵入してから2~3日で増殖がピークになります。そのため、感染初期(48時間以内)に服用を開始することが非常に重要です。48時間以上経過してしまうと、服用しても意味をなさなくなってあまり効果が発揮できなくなります。
  • インフルエンザ発症者が身近にいる際の予防目的の場合も治療目的の場合も、可能な限り早急にタミフルジェネリックの服用を開始してください。

併用して相乗効果のある薬剤

  • インフルエンザの症状を軽減させるために鎮咳薬、去痰薬、解熱鎮痛薬を併用することがあります。
  • 細菌による二次感染を防止するために抗生物質を併用もしくはタミフル終了後に服用開始することがあります。
  • インフルエンザそのものを治すものではありませんが、症状はかなり楽になります。



□副作用

  • タミフルジェネリックの副作用は腹痛、下痢、吐き気、めまい、眠気、肝機能検査値の異常などの症状が報告されています。
  • 注意すべき副作用として「幻覚、異常行動」が10代の未成年者を中心に数例報告されていますが、まだ因果関係は解明されておりません。
  • 小児〜未成年者は厳重な注意が必要です。異常行動による飛び降り死亡事故が過去に起きたので、服用中はひとりにしないように周囲が配慮し注意を払いましょう。
  • 滅多に起こりませんが、その他重大な副作用としてアナフィラキシーショック、重い肝障害、急性腎不全、皮膚粘膜障害、血液障害、肺炎、意識障害、けいれん、出血性・虚血性大腸炎などが挙げられます。
  • 万が一タミフルジェネリック服用後に何らかの強い異常が現れた際はすぐに医療機関を受診してください。



□おしらせ

タミフルは国内の医療機関でも非常に多く使用されています。現在では吸入薬など数種類の抗インフルエンザ薬が販売されていますが、誰でも服用しやすいタミフルは確固たる人気があります。

タミフルの薬価は1カプセル272円なので、10カプセルで薬代は2,720円になります。
ここに診察料・処方料・インフルエンザ検査料など受診にかかる費用が加算されると総額ではおよそ7,000〜8,000円になるかと思われますが、保険適用の3割負担で2,100〜2,400円となります。

ただし、予防目的の場合は医師の判断にもよりますが自費となるケースが多いので保険が効かず費用は7,000〜8,000円となります。(インフルエンザを発症した患者と同居していて、かつ慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、糖尿病などの代謝性疾患、腎機能障害、65歳以上の高齢者などインフルエンザ重症化のリスクが高いと判断された場合は保険が適用されます。)





□レビュー

常備しておくことで、発熱しそうなタイミングですぐに投薬することができるので、すごく助かってます。高熱でてから、医者に行くよりもその前に飲んでおいた方が、全然楽です。
是非常備して危ないなと思ったら飲んで様子を見たほうがいいです。で、インフルの場合なら飲んですぐに体が楽になる感覚があり、効いてる実感があります。ただの風邪ならたぶんあまり変化は感じられないでしょう。エンフルビルは飲んで2時間ぐらいで効きが実感できるのでその場合は、自宅で安静にして翌朝にでも医者に行き検査してもらう、みたいな流れが一番体が楽だと思います!
お勧めします!!!


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

タミフルジェネリック(エンフルビル)