おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)を格安で購入する方法は・・・

 

ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

プロスタグランジン(痛みや炎症を引き起こす原因物質)の生成を抑制し、炎症や発熱・痛みの発生を抑える、関節リウマチに効果のある鎮痛剤です。

内容量 14錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 イブプロフェン(Ibuprofen)800mg
ブランド Abbott (アボット)

  • 関節リウマチ、関節痛・関節炎
  • 神経痛・神経炎
  • 感冒(かぜ)などの上気道炎、気管支炎
  • 月経困難症
  • 手術後・外傷(けが)後の疼痛(とうつう)・炎症



□効果

 ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)は、「非ステロイド性酸性抗炎症薬[NSAIDs]」です。 
解熱鎮痛薬を含む抗炎症剤は、大きくプロスタグランジン(痛みや炎症を引き起こす原因物質)やブラジキニンの生成・作用を阻害する「ステロイド性抗炎症薬」と「非ステロイド性酸性抗炎症薬[NSAIDs]」に分かれます。ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)の有効成分イブプロフェンは、「非ステロイド性酸性抗炎症薬[NSAIDs]」として使用されプロスタグランジンの生成を抑制し、炎症や発熱・痛みの発生を抑えます。
イブプロフェン製剤の代表的な特徴は、アスピリンより作用が数倍から数十倍強力で、効果が現れるのも速く、副作用も少ないことです。服用後の一時間から二時間ほどで消炎・解熱・鎮痛などの作用の発見が平均として見られます。またブルフェンSR800mg(イブプロフェン)は、「非ステロイド性酸性抗炎症薬[NSAIDs]」の中でも、COX-1阻害による胃腸障害がもっとも少ないとされています。このような高い安全性で、アセトアミノフェンと並んで小児に比較的安全に使える解熱剤として1971年発売以来世界的に認められています。


□使用法

  • 使用量の目安
  • 使用量の目安
  • 1日1回2錠経口服用
  • 症状により、適宜増減
  • 夜間の服用を推奨
※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。


□副作用




□おしらせ

ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)は、胃潰瘍などを含む消化性潰瘍やジドブジン(レトロビル)に注意しなければなりません。
ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)を含む「非ステロイド性酸性抗炎症薬[NSAIDs]」は、炎症部位のシクロオキシゲナーゼ2[COX-2]の作用を阻害することで、抗炎症・解熱鎮痛作用を示しています。 一方で、全身にはシクロオキシゲナーゼ1[COX-1]が存在しており、イブプロフェンはCOX-1の作用も阻害します。 消化管のCOX-1を阻害することで、消化管の保護に働くプロスタグランジンの生成も抑制するため、防御機能が弱くなり、消化性潰瘍を生じやすくなるのです。
また、ジドブジン(レトロビル)とブルフェンSR800mg(イブプロフェン)の服用の関係については、血友病の人において出血傾向が増えたとの報告があります。



□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ブルフェンSR800mg(イブプロフェン)