おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

プレマリン0.3mgを格安で購入する方法は・・・

 

プレマリン0.3mg84錠

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

更年期障害だけでなく、ストレスの影響で起きるエストロゲンの不足も不快な症状を女性に与えます。プレマリンはそうしたエストロゲン不足によるによる様々な不快な症状を緩和し、骨粗鬆症、委縮性膣炎、尿失禁、高コレステロール血症、動脈硬化症などの症状を改善し、女性の心地よい日常生活をサポートします。また長期間の服用で骨粗鬆症などを予防できます。

内容量 84錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 結合型エストロゲン0.3mg(ConjugatedEstragens)
ブランド Wyeth (ワイス)




□効果

 

プレマリン』は排卵の準備をする卵胞ホルモンエストロゲンと同様の働きをする結合型エストロゲンです。エストロゲンは40代から減少しだし、女性の体に様々な変化を起こします。また、こうした更年期障害だけでなく、ストレスの影響で起きるエストロゲンの不足も不快な症状を女性に与えます。『プレマリン』はそうしたエストロゲン不足によるによる様々な不快な症状を緩和し、骨粗鬆症、委縮性膣炎、尿失禁、高コレステロール血症、動脈硬化症などの症状を改善し、女性の心地よい日常生活をサポートします。

また、『プレマリン』は閉経前後にごく少量を服用することで、のぼせ、汗、イライラうつといった更年期障害の不快な症状を緩和します。また長期にわたって使用することで骨粗鬆症などの予防にもなります。しかしエストロゲンの過剰摂取には乳がんなどの女性特有のがんを引き起こすこリスクもあるため服用には十分な注意が必要です。またエストロゲンは子宮頸管粘膜の分泌を促すため不妊治療に用いられることもあります。


□使用法

  • 通常:プレマリンを1日1回、結合型エストロゲンとして0.625mg~1.25mgを経口服用します。 機能性子宮出血・膣炎:プレマリンを1日0.625mg~3.75mgを経口服用します。 プレマリンの使用量は、年齢や症状によって適宜増減します。必ず医師の指導のもと、決められた服用量を守ってください。
※服用する際には、付属の説明書をよくお読みになってください。
※私たちは、薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。


□副作用




□おしらせ

プレマリン』は更年期障害の治療だけでなく、卵巣欠落症状や卵巣機能不全症、膣炎、機能性子宮出血の治療にも用いられています。

また、更年期障害の治療に用いられる際には黄体ホルモンと併せて用いられることが原則となっています。服用し始めは乳房痛や子宮出血、吐き気などがありますが徐々になくなります。血栓のある人、妊娠している人の『プレマリン』の服用は止められています。

更年期障害には骨粗鬆症動脈硬化などの症状が多く見られますから、カルシウムの積極的な摂取、十分な水分補給を心掛けましょう。

またのぼせなどには自立訓練方を用いたセルフケアが効果的です。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

プレマリン0.3mg84錠