おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

フィンサバ1mg(プロペシアジェネリック)を格安で購入する方法は・・・

 

フィンサバ1mg(プロペシアジェネリック)30錠

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

AGA(男性型脱毛症)治療の雄、プロペシア(フィナリステリド)の格安ジェネリック30錠入り。キノリンイエロー不使用の人気タイプです。

内容量 30錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 Finasteride(フィナステリド)1mg
ブランド SAVA (サバ)

AGA患者の数は2014年から2017年の4年間で急増しており、今現在全国で1,200万人以上にものぼるといわれています。

男性型脱毛症にお悩みでクリニックへ通院する患者数は50代以降に限らず、近年ではむしろ10代、20代の方の訪問のが増加傾向にあります。実際、患者数全体の27%が30代、56%が10〜20代の若者であるといる事例が、東京23区内のクリニックから公表されています。

若くしながら薄毛の悩みを抱える息子のためにと、平均で60万~120万円かかるAGA治療費を支払う親御様達が多くおられ、この市場成長は成り立っていますが、実際治療内容はどのクリニックでもさほど変わりません。ミノキシジル塗布剤・錠剤やフィナステリドの錠剤が処方され、それを6か月~1年かけて服用するという、原価コストはたった5%ほどの治療方法が一般的です。

同じ成分のお薬を買うのであれば、クリニックで散財するのではなく、まず個人輸入で数十分の1のコストにてAGA治療薬のご購入してみてはいかがでしょうか。これまでベストケンコーは10万人以上もの男性型脱毛症でお悩みのお客様に、ミノキシジルプロペシアをはじめとするAGAの治療薬をお届けしてきました。男性型脱毛症は、適切に投薬を続ければ99%改善されることが確認されてる疾患です。

コストを抑えてスマートに薄毛治療ができるベストケンコーのAGA治療薬のご利用を、ぜひともご検討ください。




□効果

 

フィンサバはインドの製薬会社「サバメディカ」で製造・販売されているジェネリック医薬品です。サバメディカは比較的若い製薬会社で、発展途上国を主な市場としています。

フィンサバに含まれる有効成分「フィナステリド」は、5α還元酵素を阻害します。この5α還元酵素は、テストステロンというホルモンから男性型脱毛症(AGA)の原因であるDHTを作られなようにする働きがあります。つまりフィンサバはDHTを抑制することで脱毛を食い止めます。また、フィンサバは男性用の治療薬なので女性は使用できません。

フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療に使用されていましたが、現在は発毛剤として転用されています。ミノキシジルとは薬理作用が異なるので併用することができます。


□使用法

【フィンサバ-フィナステリド内服薬(1mg)】

  • 通常、男性成人にはフィナステリドとして1日1回0.2mgを服用してください。
  • 必要に応じて適宜増減できますが、最大1日1mgが上限です。
  • 1日1回0.2mgの服用は日本で承認されているフィナステリドの用法であり、海外では一般的に初回から1回1mgの服用が推奨されています。
  • 1mgのまま服用する際は症状を確認して注意しながら服用してください。

正しい使用方法:食事の影響を受けないので、食前、食後いつでも服用が可能です。忘れずに服用するには毎日決まった時間帯に服用するのがおススメです。

<最大限の効果を得るために>

  • 3ヵ月連日服用で効果があらわれることもありますが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日服用が必要です。
  • 服用をやめると再び脱毛症が進行してしまうので、継続して服用するようにしてください。
  • 頭皮につけるタイプの育毛剤・発毛剤(ミノキシジル塗布剤等)と一緒に使った場合の有害事象は報告されておらず、一緒に使用することが推奨されています。



□副作用

  • 男性型脱毛症(AGA)とは
    成人男性で薄毛や若ハゲに悩んでいる方はたくさんいます。近年ますます認知度が高まっている「男性型脱毛症(AGA)」もその原因の1つです。
    AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略のことで、おもに男性ホルモンが原因となって引き起こされる病気です。頭頂部やこめかみの毛が薄くなるのが特徴です。
  • AGAはなぜ起こるのか
    AGAは生活習慣や遺伝など、さまざまな因子により複合的に引き起こされると考えられています。そのなかでも男性ホルモンによる影響が大きいとされます。
    男性ホルモンの1つである「テストステロン」は「5αリダクターゼ」という酵素によって「ジヒドロテストステロン(以下、DHT)」に変えられます。DHTは悪玉脱毛ホルモンともいい、AGAを引き起す犯人です。
    髪には生えてから抜け落ちるまで一連の周期があり、これを「ヘアサイクル」と言います。DHTはこのヘアサイクルのバランスを乱して、髪の毛が十分に成長せずに抜け落ちるようにしてしまうのです。これにより薄毛が進行していきます。
  • 薄毛=AGAではない?
    薄毛とAGAは全くイコールという訳ではありません。頭頂部や生え際、また頭部全体に起こる薄毛は、さまざまな原因によって引き起こされます。その代表的な原因がAGAなのです。AGAはホルモンの影響で起こるのに対し、その他の薄毛の原因には「ストレス」「睡眠不足」「環境の変化」などが挙げられます。AGAは治療しなければどんどん進行していく病気なのに対し、ストレスや睡眠不足などが原因の場合は、その原因の対処をすることで改善される可能性があります。
  • 治療薬以外でAGAを治療できるか?
    AGAの治療薬にはミノキシジルやフィナステリドといったものが代表的です。しかしこれらの治療薬に頼らずにAGAを治療することはできるのでしょうか。
    治療薬以外ですと、市販の育毛剤や育毛シャンプーを使用する方法などが挙げられます。しかしこれらの方法でAGAを治療することに科学的な根拠がありません。そしてAGAは自然治癒しないのが特徴です。
    市販の育毛剤や育毛シャンプーの他には「植毛」という方法があります。
  • 「植毛」とは?
    植毛とは、その名の通り頭皮に毛を植え付ける方法で、医師による外科手術が必要な医療行為です。
    「人工毛を移植する方法」と「自分自身の髪の毛を移植する自毛植毛という方法」の2種類あります。日本皮膚科学会による「男性型及び女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」では人工毛による植毛は副作用や拒絶反応など、過去に多くの有害事象の報告があるため、「自毛植毛」の方を推奨しています。
  • 「自毛植毛」とは?
    自毛植毛は、自分の髪の毛を薄毛の目立たない部分から薄毛の進行している部分へと移植する方法です。後頭部や側頭部はAGAの影響を受けにくいため、その部分にある髪の毛を毛包ごと移植することで、自然に髪を増やすことができます。
    しかし、日本皮膚科学会ガイドラインによると治療薬の方がより推奨度が高いと言われています。つまり、ミノキシジルやフィナステリドといった治療薬でも効果が十分でなく、他に方法がない場合に、男性型脱毛症に対して自毛植毛を勧めています。



□おしらせ


AGAの治療薬を購入するにはいくつかの方法があります。皮膚科や専門クリニックで購入する方法や、個人輸入を代行するサイトで購入する方法などがあります。

AGA治療薬は日本においては医師の処方箋がないと購入できませんが、個人輸入では処方箋なしでも購入することができます。

例えば、日本のあるクリニックでAGA治療薬を購入する場合にかかる費用を以下に記しました。

【初回にかかる費用】

    • 15,000円〜65,000円(初診料、血液検査代、治療薬代)

カウンセリングは無料で実施しているクリニックが多いのですが、初回の通院からも費用は膨らみがちです。

【2回目以降】

    • 5,000円〜50,000円(治療薬代)+検査料(数ヶ月に1回行うクリニックが多く、費用は3,000円〜)

治療薬を服用し始めて効果を実感できるまで最低でも3ヶ月、できれば6ヶ月は続けて様子を見る必要があります。クリニックに通院すると6ヶ月までに40,000円〜315,000円ほどかかります。費用に幅はありますが、保険が適用されないこともあり、かなり高額になりがちです。

AGAのクリニックで処方される治療薬には、内服薬と外用薬(塗布するタイプ)があります。

  • 内服薬・・・フィナステリドが含まれている「プロペシア」「フィナステリド」、またデュタステリドが含まれる「ザガーロ」という商品が処方されます。
  • 外用薬・・・ミノキシジルが含まれる「リアップ」などが処方されます。

上記に比べ、コスト面で考えた場合、個人輸入はかなりお得になります。「薬が自分の体質に合うか心配だ」「どのくらいの量を服用すればいいかわからない」など不安のある方は、まず、専門クリニックで診察を受けて、のちに個人輸入に切り替えるという方法もあります。




□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

フィンサバ1mg(プロペシアジェネリック)30錠