おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

リリカジェネリック(プレガバリン)150mgを格安で購入する方法は・・・

 

リリカジェネリック(プレガバリン)150mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

つらい神経痛などの痛みを緩和するお薬です。米国ファイザー社が開発した、リリカと同じ成分である「プレガバリン」を150mg含むジェネリック医薬品です。

内容量 100錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 プレガバリン(Pregabalin)150mg
ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)




□効果

 

リリカ(プレガバリン)は米国ファイザー社が開発した、神経痛・神経障害性疼痛などの痛みを緩和するお薬で、リリカジェネリックはリリカと同じ成分である「プレガバリン」を含むジェネリック医薬品です。痛みを伝える神経伝達物質の過剰放出を抑えることで、鎮痛作用を発揮します。

神経痛・神経障害性疼痛などは、障害や損傷を受けた神経が興奮しつづけ、痛みを伝える物質が過剰に出されることから、痛みとして感じます。この場合、痛みの原因となる病気やケガが治った場合でも痛みが長引きくことがあります。その結果、ちょっとした刺激でも痛みを感じたり、天気の変化で痛む場合もあります。 リリカはこうした痛みの原因となる神経系の過剰な興奮状態を抑えることで、痛みをやわらげます。 過剰な興奮状態になっている神経をしずめる作用があるので、一般的な鎮痛薬(NSAIDS)が効きにくいとされる、中枢性、末梢性の神経痛、神経障害性疼痛線維筋痛症による痛みにも効果的です。


□使用法

成人の場合、初期は1日2~3回に分けて150mgを服用します。症状に応じて1日最大300mgまで増量します。その後、さらに服用量を増やす場合は1日最大600mgまでとなります。

成人の場合、初期は1日2回に分けて150mgを服用します。
その後、徐々に増量し1週間をかけて1日300mgまで増やし、その後は300mgから400mgの間で維持します。1日の最大服用量は450mg以下とし、服用は1日2回に分ける。




□副作用

以下に該当する方は、リリカジェネリックの使用を控えてください。

  • 腎臓病、重い心不全を起こしたことがある方
  • 血管浮腫を起こしたことがある方
  • 高齢の方

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。




□おしらせ

主な副作用は、眠気、めまい、ふらつきです。安全のために、服用後は車の運転などは避けましょう。特に高齢の方の場合は、転倒の可能性もあるので注意が必要です。場合によっては、体重が増えることもあります。激しい副作用として、呼吸困難、激しい動機、全身のむくみなどもあります。こららの症状が現れた場合は使用を中止しかかりつけの医師へご相談ください。



□レビュー

感激です!この一言につきるのですが、きちんとレビューしますね。
私は偏頭痛の持病があって、吐き気がするくらい辛い時がありました。脳神経外科MRIを撮ってもらいましたが緊急を要する異常はありませんでした。そこで偏頭痛用のお薬を処方してもらいました。一回目、合わずにというか効かずに、他のお薬に変えてもらいました。でも、これも効かなくて三回目も試しましたが私は少し諦めていました。どうせ合わないだろう…一生付き合っていく覚悟が必要なのかな!?って。
案の定、私には合ってくれずでした。
漢方専門のお医者さんに行ってみたりお灸に行ってみたりしました。
お灸は一時的には気持ち良く、少し楽になった感じでしたが長くは続きませんでした。頻繁にお灸に行くのか...自分でやるのか...考えるだけで頭痛のタネでした。
会社の人が疼痛症という症状でリリカを飲んでいると言っていたのですが、ペインクリニックに通っているとのことでした。
私はペインクリニックにはなぜか抵抗があったので、リリカについて自分で調べてみました。
そこで個人輸入を知り早速、注文しました。届いてすぐに一錠服用しました。
なにこれ!頭痛であることを忘れさせてくれる!感激です。次に脳神経外科の先生にリリカの相談をしようと思います。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

リリカジェネリック(プレガバリン)150mg