おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

パースピレックスロールを格安で購入する方法は・・・

 

パースピレックスロール

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

UK発の制汗剤パースピレックスロールは、独自特許によって他の制汗剤とは比較にならないほど強力に発汗や臭いを抑えることができます。日本ではまだ未発売ですが、30年以上にわたって世界中で愛用されているロングセラー商品です。

内容量 20ml/本
剤形 塗布剤(液体)
有効成分 有効成分として、変性アルコール(Alcoholdenat)、乳酸アルミニウム(AluminumLactate)、塩化アルミニウム(AluminumChloride)、シクロペンタシロキサン(Cyclopentasiloxane)、ステアリン酸グリセリル(GlycerylStearate)、パルミチン酸ヘキサデシル(CetylPalmitate)、 水添マイクロクリスタリンワックス(HydrogenatedMicrocrystallineWax)、ヒマシ硬化油(HydrogenatedCastorOill)を含有
ブランド Riemann A/S (リェマン)




□効果

 

パースピレックスロールは、世界的に人気のある制汗剤パースピレックスのロールオンタイプの商品です。最近流行のロールオンタイプの制汗剤は、腋の下に直接コロコロ塗ることで発汗を抑えて気になる臭いを抑えることができます。パースピレックスはUKに拠点を持つGodrejによって製造・販売されており、日本ではまだ発売されていないのですが世界中で30年以上にわたって愛用されているロングセラーの制汗剤です。

一般的な制汗剤のように毎日使用する必要がなく、1回塗るだけで3~5日発汗抑制効果が持続します。そのため、1本で数ヶ月にわたって長く使用することができます。


□使用法




□副作用

パースピレックスロールは、医薬品ではありません。

そのためほとんどの方は安全にパースピレックスロールを使用することができ、副作用の報告もほとんどされていません。

しかし、使用する人の体質によっては皮膚の刺激感や痒み等を感じることがあります。

皮膚の刺激感や痒みが出ても、ほとんどの場合は一時的なものです。

皮膚刺激感や痒みは最初の1~2回の使用時に起こりがちですが、連続してパースピレックスロールを使えば改善されることが多いです。

しかし、使用するたびに皮膚刺激感や痒み等があらわれるようならば、パースピレックスロールの成分に対してアレルギーを持っているおそれがあるので、パースピレックスロールの使用をやめるようにしてください。

とくにアルコールに対して敏感な体質の方は副作用を起こすおそれがあるので注意してください。

これら以外にも、パースピレックスロールを使用してなにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください




□おしらせ

パースピレックスロールは、医薬品ではないので日本の病院から処方してもらうことができません。

パースピレックスロールは日本では発売されていない制汗剤なので、薬局やドラッグストアで購入することもできません。

購入を希望するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するようにしましょう。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

パースピレックスロール