おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

フロモン(フルオロメトロン)0.1%を格安で購入する方法は・・・

 

フロモン(フルオロメトロン)0.1%

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

フロモンは、目の炎症をおさえるステロイドの目薬です。目の炎症や痛み、かゆみがある場合には、1日2-4回点眼することで症状の改善を期待できます。他には、結膜炎、角膜炎、ぶどう膜炎に対して使用します。病院では目の手術の後に、炎症を抑える目的で処方されることがあります。

内容量 5ml/本
剤形 塗布剤(液体)
有効成分 フルオロメトロン0.1%w/v
ブランド FDC (エフディーシー)




□効果

 

フロモン0.1%は、眼の炎症性疾患の治療薬です。日本で広く使われているフルメトロン点眼液のジェネリック医薬品です。

結膜炎、角膜炎、光彩炎、ブドウ膜炎、術後炎症など様々な眼の炎症に対して効果があります。眼の炎症反応を抑えることによって、眼の痛みや腫れ、かゆみなどの症状を緩和してくれます。

主成分のフルオロメトロンステロイドです。フルオロメトロンの配合濃度は0.1%で、現在日本で承認されている最高濃度となっています。そのため、強力な抗炎症作用が期待できる点眼薬です。

一方、フルオロメトロンは、点眼剤に使われている他のステロイドと比較して副作用が少ないことが確認されています。また、この成分の点眼液は、日本では1975年から使用されており、現在も様々な眼の疾患に使われていますので、十分な効果と安全性があると考えられます。また、フロモン0.1%は主成分が、眼の表面に留まりやすいように工夫されています。この工夫も効果が持続しやすいことと副作用が少ないことに繋がっているのでしょう。

しつまり、効果が高く、副作用が少ない点眼薬ですので、安心して使うことができます。ただし、長期間使用すると副作用が発現することがありますので、長期に使用することは控えてください。

フロモン0.1%は1本5 mLですので、およそ100滴分となります。通常1回に1~2滴で、1日2~4回使いますので、症状や使い方によって変わりますが、概ね1本が2~4週間分となります。


□使用法

フロモン0.1%は1本5 mLですので、およそ100滴分となります。通常1回に1~2滴で、1日2~4回使いますので、症状や使い方によって変わりますが、概ね1本が2~4週間分となります。

フロモン0.1%の1~2滴を眼の中に入れた後、ゆっくりと眼を閉じて、しばらくそのままにしておくと、薬の成分が眼全体に広がります。5分くらい閉じておくと、より効果的です。まばたきをすると点眼薬が流れ出てしまいますので、しばらくはまばたきを避けましょう。眼を閉じている際に、目頭(眼の内側で鼻との交差点付近)を指で押さえておくと、点眼薬が口や鼻の方に流れていきませんので、眼以外の部分の副作用を防ぐことができます。

点眼する際には、容器内の点眼薬の汚染防止のため、容器の先端が直接目に触れないように注意してください。点眼する前に手を洗っておくと、さらに清潔に保てます。点眼液が汚染してしまい、長期間そのままにしておくと細菌が繁殖してしまうこともあります。フロモン0.1%1本を4週間使い続ける場合には、特に清潔に配慮する必要があります。

また、コンタクトレンズを使っている方は、そのままでは点眼できませんので、一旦外してから点眼してください。点眼後の眼を閉じている対応が終わった後は、再度コンタクトレンズを装着しても構いません。

フロモン0.1%は、眼以外には使ってはいけません。飲みこんだり、皮膚に塗ったりしないでください。

数週間使い続けると、副作用の可能性が高まりますので、ご注意ください。1日の使用回数が4回を超える場合も同様です。

特に高齢者や妊婦は、長期間もしくは高頻度の使用はお控えください。

2歳未満の幼児に対しては、安全性が確立していませんので、フロモン0.1%の使用をお控えください。

点眼後に、眼のかすみや眼の刺激感がまれに起こることがありますので、使い始めたばかりの頃は、点眼後しばらくの時間、車の運転や危険を伴う作業をしない方が良いでしょう。

フロモン0.1%は保管の状態によっては、薬の成分が沈殿して分散しにくくなりますので、容器を上向きにして保管してください。




□副作用

フロモン0.1%は、副作用の発現が非常に少ない点眼薬です。通常の使用では、副作用が起こることはまれですが、眼圧上昇、眼の刺激感、充血、眼の違和感、流涙増加などがあります。点眼後に目頭を押さえると眼以外の副作用は防げますが、そうでない場合は、頭痛や倦怠感が起こることがあると言われています。

また、長期間使用すると、緑内障(眼圧上昇)や後嚢下白内障という眼の病気が発症するとの報告がありますので、もし長期間使って視野が狭くなった、眼がかすむようになったと感じた場合には、すぐに眼科を受診してください。

フロモン0.1%の主成分フルオロメトロンは、ステロイドの一種です。一般的に、ステロイドは免疫力を抑える作用もありますので、まれに眼周辺に真菌や細菌の感染症を引き起こすことがあります。目脂(めやに)が多く出るなどの症状がある場合や、急に目のかゆみ、痛みが出た場合には、感染症の可能性がありますので、すぐに眼科を受診してください。




□おしらせ

残念ながら、フロモン0.1%を使ってはいけない、使えない方もいます。主成分のフルオロメトロンや他の添加剤に対してアレルギーがある方です

膜に穴があく可能性もありますので、使用しないでください。これらの疾患には、視野の中央が見えにくい、視力が低下するなどの症状があります。そのような症状の場合には、薬を使うのではなく、すぐに眼科を受診してください。

また、ウイルス性や真菌・細菌性の感染症の方も悪化させる可能性があるので、フロモン0.1%を使ってはいけません。目脂が多く出る場合は、感染症が疑われますので、眼科を受診してください。

それ以外でも眼科で治療を受けている方は、フロモン0.1%を使用する前に主治医に相談されることをお勧めします。

糖尿病と診断されている方も使用を控えてください。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

フロモン(フルオロメトロン)0.1%