おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

バスパージェネリック(ブスピロン)10mgを格安で購入する方法は・・・

 

バスパージェネリック(ブスピロン)10mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

バスピン10mgは、抗不安薬バスパーのジェネリック医薬品です。服用することで不安な気持ちを解消することができます。いままで抗不安薬としてデパスを愛用していた方も、デパスと類似する効果からバスピンに切り替えて服用されています。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 塩酸ブスピロン10mg
ブランド Intas Pharma (インタス・ファーマ)




□効果

 

バスピン10mgは、抗不安薬バスパーのジェネリック医薬品です。 有効成分としてブスピロンを1錠に10mg含有し、服用することで不安障害を解消することができます。 不安障害とは、理由のない不安のために日常生活に支障をきたしている不安障害の1つといわれています。
症状としては、そわそわして落ち着かない、緊張する、刺激に過敏になる、疲れやすい、倦怠感、動悸・息切れ、めまい・ふらつき感、集中力の低下、寝つきが悪いなどがあります。ストレス社会の日本では、これらの不安症状は現代病の1つです。

以前までは不安症の治療として、多くの方が有効成分エチゾラムを配合している抗不安薬デパス錠やエチラームを個人輸入を利用して購入・服用していました。 しかし、デパス錠やエチラームの服用は依存症を作ってしまうおそれがあるとされ個人輸入が禁止されてしまい、不安症状を抱える多くの方が途方にくれてしまいました。そこで新たに、デパス錠などの代替品として抗不安成分のブスピロンを含有するバスパーが注目されました。

バスピン10mgは、そのバスパーのジェネリック医薬品として販売され安価に購入することが可能になっています。有効成分ブスピロンは、服用することで抗不安作用を示すにもかかわらず、デパス錠などのように依存症にならないということで現在では多くの方がデパス錠から切り替えて服用しています。不安に対する治療効果のあらわれ方もデパス錠とは違うため、依存症の不安もなく安心です。 不安症状は、脳内のセロトニンが不足していると起こるといわれています。

ブスピロンは、脳内のセロトニンを上昇させることで抗不安作用をあらわします。 注意点として、ブスピロンは依存症を起こさず安全性が高いため、服用してもすぐに紅不安作用をあらわさないということです。 効果が出てくるまで約2~4週間程度かかるので、症状を観察しながらバスピン10mg服用するようにしてください。また、ブスピロンは脳内のセロトニン濃度を上昇させることで女性の性欲が上昇する効果もあるといわれています。

健康な女性の方がブスピロンを服用することで、通常の状態よりも脳内のセロトニン濃度が上昇するので活力がでたり、性欲が上昇するのではないかと考えられています。夜の性生活がマンネリな女性にもおススメのお薬です。


□使用法

  • バスピン10mgは、通常、成人にブスピロンを1回7.5mg(0.75錠)を初回量として 1日2回服用します。
  • あるいは、1回5mg(0.5錠)を1日3回から服用を開始します。
  • 服用を継続する場合には、2~3日ごとに5mg(0.5錠)ずつ増やして症状が安定する服用量を維持量にしてください。
  • 1日60mg(6錠)まで最大に増やして服用することが可能です。



□副作用

バスピン10mgの有効成分ブスピロンは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、眠気、ふらつき、悪心、倦怠感、不快感、食欲不振等が報告されています。
  • 重大な副作用としては、肝機能障害、黄疸、セロトニン症候群・悪性症候群(発熱、強い体の震え、焦燥感等)が起こることがあると報告されています。
  • 眠気やふらつきの副作用によって思わぬ事故を起こしてしまわないように、自動車の運転等の危険な機械の操作をしないようにしてください。
    これら以外にも、副作用を起こすおそれがあります。
  • バスピン10mgを服用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。



□おしらせ

バスピン10mgは、先発品のバスパーも含めて日本では承認・販売されていないため、病院から処方してもらうことができません。

日本では、有効成分であるブスピロンを改良したタンドスピロンという成分を含有するセディール錠というお薬を処方してもらうことが可能です。あるいは、以前は抗不安薬として多くの方が個人輸入で購入し現在では購入することができなくなったデパス錠も病院から処方してもらうことができます。

日本の病院で、セディール錠とデパス錠をバスピン10mgと同じ1箱100錠分処方してもらうのにかかるコストは、

病院での診察・処方料
3,500~4,500円

セディール錠の価格
1錠16.6~49.7円×100錠=1,660~4,970円

デパス錠の価格
1錠9~13.4円×100錠=900~1,340円

合計で、セディール錠は5,160~9,470円、デパス錠は4,400~5,840円ほどかかります。

保険適用になって3割負担ならばセディール錠は1,550~2,850円、デパス錠は1,320~1,760円程度かかります。

処方してもらうコストの例として100錠の金額を出しましたが、実際には100錠もの大量のセディール錠やデパス錠を処方してもらうことは困難です





□レビュー

リピ購入です。今年の春に初めてこちらの商品を購入して服用したら私には合っている様でしたのでクーポン、割引きセールもあり即買いしました。
長年デパスレキソタンを服用してきたのでこちらの商品の効能を見て試して見ようと思ったのが始まりでした。只、パニックの動悸に頓服として服用した場合はレキソタン(他にも薬品沢山あると思いますが)の方が効き目が早いかと思いました。今、手元にレキソタンが無い為に絶対とは言えませんが緩和措置としてはこちらの商品を継続して良いかと…。体験談としてデパスは毎食後0.5mg、1錠
就寝前1mg、1錠と処方してもらっていたので昼間の仕事中は睡魔との闘い!レキソタン5mgはパニック時の頓服!→確かに効き目が早いかと思われました。
今、仕事は辞めましたが不安材料により症状も様々ですね。
ニュース等で薬剤関係の事を目にしたり耳にしたり出来る機会が増えましたが薬事法は国により違うと思いますが私はこうして以前服用していた類似薬品を購入出来るショップをもう少し早く知りたかったのが正直な感想です。
これはあくまでも長年、内科、心療内科(精神科)を通院して薬事本を見たりで私なりに見出したショップ購入の結果ですので悪しからずです。
…また無くなりそうになりましたら宜しくお願い致します有難うございました!


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

バスパージェネリック(ブスピロン)10mg