おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

シロスタゾール50mg(プレタールジェネリック)を格安で購入する方法は・・・

 

シロスタゾール50mg (プレタールジェネリック)

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

血小板の働きを弱めることで血栓の形成を阻害し(血液をサラサラにし)、主に脳の血管が詰まる脳梗塞の再発を予防する薬シロスタゾール(プレタールジェネリック)。慢性動脈閉塞症の治療にも有効です。軽度認知症予防の効果もNHKで取り上げられた注目のお薬です。

内容量 100錠/箱
剤形 タブレット
ブランド Cipla (シプラ)




□効果

 

シロスタゾール50mgは、血栓症の治療に用いられています。有効成分のシロスタゾールには血小板が集まってできる血栓(血液のかたまり)の生成を防ぎ、血液の流れを改善する作用があります。

また、慢性動脈閉塞症の治療にも有効です。慢性動脈閉塞症はその重症度で4段階にわかれています。慢性動脈閉塞症の初期症状は、足の冷えやしびれなどです。進行するにつれて少し歩くと足が痛くなる、じっとしていても足が痛い、足や手の指などが腐るなどと徐々に症状が悪化していきます。最悪の場合には潰瘍や壊死に至ることもあります。末梢血管拡張作用のあるシロスタゾールは、このような慢性動脈閉塞症の治療にも有効です。


□使用法

  • 使用量の目安
  • 通常、成人は1日2回、シロスタゾールを100mg(本剤は50mgなので2錠)を空腹時(食前30分、もしくは食後2時間)に服用します。
  • なお、年齢・症状により適宜増減します。用量、用法は医師と相談してください。
  • ケトコナゾール、イトラコナゾールなどのCYP3A4阻害作用のある、またはオメプラゾールなどのCYP2C19阻害作用のある医薬品を併用する場合は1回の服用量を50mgまでとすることが推奨されています。
  • ※シロスタゾールの服用により脈拍数が増加し狭心症が発現することがあります。狭心症の症状(胸痛など)に対する問診を注意深く行なってください。
※使用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の使用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。


□副作用

※副作用はこのページに記載の限りではありません。




□おしらせ

本剤の作用が増強するおそれがあるため、CYP3A4阻害薬、マクロライド系抗生物質、エリスロマイシン、HIVプロテアーゼ阻害薬、リトナビル (JAN)、トリアゾール系抗真菌薬、イミダゾール系抗真菌薬、イトラコナゾール (JP17)、ミコナゾール、シメチジン、ジルチアゼム塩酸塩 (JP17)などの成分を含む医薬品と併用する場合は減量あるいは低用量から開始するなど注意が必要となります。また、グレープフルーツジュースの成分は本剤の作用を増強させる可能性があるので、薬を服用する前後2~3時間前にはグレープフルーツジュースは飲まないようにしてください。



□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

シロスタゾール50mg (プレタールジェネリック)