おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

プレドフォルテ点眼薬を格安で購入する方法は・・・

 

プレドフォルテ点眼薬

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

プレドフォルテ点眼薬は眼瞼炎や結膜炎、角膜炎といった眼の炎症症状の全般に効果を発揮してくれるステロイド剤の点眼液です。有効成分にプレドニゾロン酢酸エステルを含み、眼の眼瞼炎や結膜炎、角膜炎、麦芽種など目頭(内眼部)~目尻(外眼部)までのさまざまな炎症反応に効果を発揮。

内容量 10ml/本
剤形 液剤(点眼液)
有効成分 プレドニゾロン酢酸
ブランド Allergan (アラガン)

プレドフォルテ点眼薬は眼瞼炎や結膜炎、角膜炎といった眼の炎症症状の全般に効果を発揮してくれるステロイド剤の点眼液です。
点眼後、すぐに効果を発揮してくれるため、短期間で十分な効果を期待することができます。


□効果

 

プレドフォルテ点眼薬は有効成分にプレドニゾロン酢酸エステルを含んでいます。眼の眼瞼炎や結膜炎、角膜炎、麦芽種など目頭(内眼部)~目尻(外眼部)までのさまざまな炎症反応に効果を発揮してくれます。

プレドニゾロン酢酸エステルは合成糖質副腎皮質ホルモンというステロイドの1つです。副腎皮質ホルモンの働きは大きく分けて2つあり、そのうちの1つが炎症反応を抑えてくれる働きです。
眼に起こる炎症症状はプレッドフォルテを点眼することで、眼に浸透し目の炎症反応を軽減してくれる働きがあります。

また、ストレスなどの刺激から身体を守る免疫機能を高める働きを持っています。眼に外部からの刺激やアレルギーの原因となるアレルゲンが侵入してしまうと、体内からヒスタミンが放出されます。ヒスタミンとは、アレルギー性鼻炎や花粉症、アレルギー性皮膚炎などのアレルギーの原因となる物質と言われています。
外部から侵入したアレルゲンが免疫機能に働きかけるためにヒスタミンが過剰に放出され、かゆみを引き起こし、免疫反応が起こることから眼の炎症を引き起こします。

そこで、プレドフォルテ点眼薬を点眼するとこれらの症状を軽減してくれる働きがあります。ステロイドの外用薬の強さの中では最も弱い種類に分類されますが、脂溶性のため溶けやすく皮膚に入りやすい性質を持っているので、効果は十分に期待することができます。


□使用法

プレドフォルテ点眼薬は1日に数回点眼しますが、眼の症状の程度によって、点眼の回数は適宜増減されるため、眼の状態に合わせて点眼するようにして下さい。

プレドフォルテ点眼薬はステロイド剤に分類される強い薬のため、点眼量が多すぎるとあらゆる副作用症状を引き起こす原因になります。症状に合わせて点眼量を調整しないといけないため、点眼前に医師に相談し、点眼量を指示してもらうと安全に、安心して点眼することができるため、医師に診察してもらうようにしましょう。

点眼液を使用する前には、しっかりと石鹸などで手を洗い清潔を保つようにして下さい。眼からあふれ出た点眼液は清潔なガーゼやティッシュで軽く抑えるように拭き取って下さい。
点眼液を眼に近づけすぎると、容器などがまつ毛や目に触れてしまい、容器を汚染してしまう可能性があるため、当たらないように注意しながら点眼するようにしましょう。

点眼後は、容器の清潔を保つため清潔なガーゼやティッシュペーパーで容器を拭き、しっかり蓋を閉めて下さい。
眼はデリケートな部分なので、きちんと清潔を保つように注意して下さい。
点眼薬に菌が付着していると、症状が改善されず、新たな目の症状を引き起こす可能性があります。

他にも、点眼液や眼軟膏を使用する場合は、点眼液を先に使用し、5分ほど時間を開けて眼軟膏を塗布するようにして下さい。
十分な時間をとらないとしっかりとした効果が得られない可能性があります。
もし、点眼をし忘れた場合は気付いた時にすぐに点眼するか、次の点眼までの時間が近い時は、1回の点眼をスキップして、次の点眼まで待つようにしましょう。
1度の点眼で2回分の点眼液を点眼することは決してしないようにして下さい。

プレドフォルテ点眼薬はステロイド剤のため、即効力がありますが、長期間の治療に使用することはできません。点眼量が不安になったら、適宜病院を受診して診察してもらうようにしましょう。




□副作用

副作用症状として、長期間使用すると眼内圧の亢進や緑内障白内障を引き起こす可能性があります。
また、角膜ヘルペス角膜潰瘍などキズがある場合に使用すると穿孔が起こることもあるため注意して下さい。他にも、角膜ヘルペスや角膜真菌症・緑膿菌感染症などを誘発する原因になってしまうこともあります。

これらの副作用症状が引き起こされる例は非常にまれですが、プレドフォルテ点眼薬を使用し始めて、何か気になる症状があらわれた場合は直ちに使用を中止するようにして下さい。

上記にあげた症状の他にも、異なる症状で副作用症状があらわれる可能性もあるため、使用後は症状に十分注意して下さい。
眼の症状が改善されない場合は、病院を受診して、医師の診察を受けてください。




□おしらせ





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

プレドフォルテ点眼薬