おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

バジルガードプラスを格安で購入する方法は・・・

 

バジルガードプラス大型犬用(6錠)

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

バジルガードプラスは、日本の動物病院で処方されるカルドメックチュアブルのジェネリックフィラリア予防薬です。大型犬用は、体重23~45㎏の大きさの犬に使えるお薬になります。本剤はフィラリア予防薬ですが、お腹の中の寄生虫(回虫および鉤虫)にも効果があります。

内容量 6錠/箱
剤形 チュアブル錠
有効成分 本剤1錠中にイベルメクチン272μg、ピランテルパモ酸塩227mgを含有
使用期限 2019-09-30




□効果

 

バジルガードプラス大型犬用は、23~45㎏の大型犬用のフィラリア予防薬です。日本の動物病院でよく処方されるカルドメックチュアブルのジェネリック薬であり、安心して飲ませることができます。

バジルガードプラスの一番大きな目的はフィラリア予防です。フィラリアは犬糸状虫とも呼ばれる、蚊から犬にうつる寄生虫(線虫)です。フィラリアの幼虫に感染した蚊に犬が刺されると、犬の体内にフィラリアの幼虫が侵入します。フィラリアの幼虫は犬の体の中を移動しながら1~2か月で成虫になり、感染が成立します。

フィラリアの成虫は犬の心臓(右心室)や肺動脈に棲み付き、心臓にダメージを与えます。そのため、フィラリアに感染してしまった犬では、右心不全と呼ばれる右側の心臓の働きが悪い状態になってしまいます。フィラリアの寄生による右心不全では、初期には咳や運動不耐性(動くとすぐに疲れてしまう)などの症状が出ます。進行すると、むくみや腹水などが出て、心不全により衰弱して亡くなってしまうことが多いです。時々、血尿を出して急死する急性フィラリア症を起こすこともあるので注意が必要です。

バジルガードプラスにはイベルメクチンという成分が含まれており、この成分がフィラリアの幼虫を駆除します。本剤を飲んで血液中に入ったイベルメクチンは、フィラリアの幼虫の神経や筋肉細胞の神経伝達を狂わせて殺します。イベルメクチンにはフィラリアの成虫の駆除効果はありませんので、フィラリアが成虫になる前の1~2か月の間に予防薬を飲ませる必要があります。

バジルガードプラスには、ピランテルパモ酸塩と呼ばれる成分も含まれています。ピランテルパモ酸は、犬の消化管内に寄生する回虫や鉤虫の神経伝達をブロックしけいれんを起こして駆除します。そのため、バジルガードプラスは、フィラリア予防効果だけでなく、回虫や鉤虫の予防及び駆除効果も持っています


□使用法

バジルガードプラスはチュアブルタイプの飲み薬(内服薬)です。味(フレーバー)が付いているため、そのまま与えても大半の子が食べてくれます。もしそのままだと食べないようであれば、フードに砕いてまぜることも可能です。砕いてフードに混ぜた場合には、必ず全量食べたかどうかを確認しておいてください。体重23~45㎏の犬用ですので、体重がそれより少ない、あるいは多い場合には体重に合ったサイズのバジルガードプラスを選択してください。

バジルガードプラスはフィラリアの幼虫が成虫になる前に殺す薬ですので、1か月に1度の投与が必要になります。ただし、冬場は蚊も活動しませんし、フィラリアの幼虫も成長することができないため、春~秋の投与を行います。詳しい投与期間は地域によって違うため必ず動物病院で確認するようにしましょう。本州であれば、5~12月のうち6~8カ月の投薬が必要になることが多いです。




□副作用

バジルガードプラスの成分であるイベルメクチンやピランテルパモ酸塩は、犬を含めた哺乳類に影響の少ない薬です。そのため、安全性が比較的高く副作用も少ない薬です。

副作用の報告として最も多いのは、食欲不振、下痢、嘔吐などの消化器症状になります。それ以外では、まれにけいれんや歩き方の異常、よだれなど神経系の副作用が出ることもあるようです。

バジルガードプラスを飲んで、副作用と思われる症状が出てしまった場合には、投薬はいったん中止して必ず動物病院へ相談してください。また、以前に本剤を飲んで副作用が出てしまった場合にも本剤を飲ませない方が安全でしょう。




□おしらせ

バジルガードプラスは日本の動物病院では処方されませんが、同じ成分のフィラリア予防薬としてカルドメックチュアブルの購入が可能です。バジルガードプラス大型犬用に相当するのは、カルドメックチュアブルP272になります。

動物病院でカルドメックチュアブルP272を処方してもらう場合、フィラリアに感染していないかどうかの検査が必要になります。検査で陰性であれば処方してもらえますが、その際にかかる費用としては、

診察料:~1,000円
フィラリア検査料:1,000~2,000円
カルドメックチュアブルP272(1回分):1,600~2,400円

となります。つまり、動物病院で検査をして1シーズン分(8回分)を処方してもらった場合には、12,000~20,000円程度かかるようです。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

バジルガードプラス大型犬用(6錠)