おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

テルビナフィン250mg(ラミシール)を格安で購入する方法は・・・

 

エフゲンを使って1年余り、爪水虫が治りそうでなおらないので、やはり塗り薬より内服薬の方が効果がいいのかと思い一度お試し購入。 口コミを参考に使ってみます。いい結果が出ることを祈りつつ効果を試してみます。 錠剤の半分を一日一回125mgを継続して飲んでみます。 これで効果があればまたレビューします。

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

世界中で有名な抗真菌内服薬です。服用することで、身体の内側から水虫や爪水虫などの真菌症をしっかり治します。日本でも非常に多く使用されています。「ラミシール」のジェネリック医薬品です。

内容量 14錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 テルビナフィン250mg
使用期限 2021-05-31
ブランド UK Generic(ユーケージェネリック)

真菌はカビの仲間であり、真菌の感染による真菌症は、身体の表面に感染する表在性真菌症と、肺や肝臓などの臓器すなわち身体の深部に感染する深在性真菌症とがあります。
よく見られる代表的な真菌症は白癬菌による足白癬(水虫)、爪白癬(爪水虫)、頭部浅在性白癬(シラクモ)、体部白癬(タムシ)、股部白癬(インキンタムシ)などやカンジダ菌によるカンジダ症などがあります。

テルビナフィンは内服タイプの真菌症治療薬です。主に抗真菌外用薬で改善が見られなかった足白癬(水虫)などの皮膚真菌症や爪白癬(爪水虫)の治療に使用されます。
飲んで身体の内側からしっかり治します。

テルビナフィンは水虫の飲み薬として広く認知されておりますが、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルが特徴であるため、白癬菌カンジダ菌をはじめとする数多くの真菌に対して有効です。

本剤は「ラミシール」のジェネリック医薬品であり、ラミシールと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。





□効果

 

テルビナフィンはアリルアミン系と呼ばれる抗真菌薬です。
腸から吸収された有効成分は爪や皮膚角質などの病巣にすばやく集まり、真菌細胞内へ移行します。そして真菌の細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの成長を阻害することで真菌細胞を破壊、死滅させます。
尚、人間の細胞膜の構成成分はコレステロールでありエルゴステロールは存在しません。そのため人間の細胞には影響を及ぼさないので安全性が高いです。

テルビナフィンは数多くの真菌に対して殺菌効果を発揮します。
主に深在性皮膚真菌症や爪白癬、頭部白癬、その他角質増殖型の白癬、爪カンジダ症などの治療に幅広く使用されています。
殺菌的に作用するため、一定期間根気よく治療すれば根治可能です。

特に、爪白癬治療薬といえばテルビナフィン内服もしくはイトラコナゾール内服(商品名イトリゾールなど)の2大巨塔です。
爪白癬は手足の白癬(水虫)が進行し、爪の間にまで白癬菌が侵食して爪が肥厚肥厚・変色・変形などの病変が起こる疾患です。水虫の末期症状だとも言われます。足白癬を放置しているとかかりやすいです。
爪は角質が非常に硬く外用薬が浸透しにくいため、爪白癬の治療では内服薬が選択されることが多いです。
テルビナフィンを長期間(3~12ヶ月以上)服用することで爪白癬の根治が可能です。
もうひとつの爪白癬治療内服薬イトラコナゾールも優れた抗真菌薬ですが、併用禁忌薬や併用注意薬が非常に多いのがデメリットです。テルビナフィンに併用禁忌薬はありません。

ただし、テルビナフィンは肝障害と血液障害の重大な副作用が報告されているため注意が必要です。重い肝障害や血液障害がある方は服用できません。
テルビナフィンを長期間服用する際には定期的な肝機能検査や血液検査を受けてください。


□使用法

  • テルビナフィンを通常成人は1日1回125mgを食後に服用します。年齢や症状により適宜増減します。
  • 本剤は1錠250mgなので、ピルカッターなどで半分に切って服用してください。(1回250mgは海外で認められている用量で、体格の小さい日本人には高用量です。)
  • 飲み忘れた場合は気付いた時に服用して構いませんが、次の服用時間が近い場合は飛ばしてください。
  • 一度に2回分服用しないでください。
  • 特に爪白癬においては真菌が完全に排除されるまでに半年~1年間と長い期間かかります。
  • 症状がよくなったからといって自己判断で安易に止めると潜んでいた真菌が再び繁殖を始めて再発してしまう可能性が非常に高いので、必ず指示された期間根気よく続けてください。

最大限の効果を得るために

  • 飲み忘れのないように毎日正しい用法用量で継続服用してください。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 抗真菌外用薬と併用可能です。(併用する際は、必ず医師の判断指示に従ってください。)



□副作用

  • テルビナフィンの一番注意すべき副作用は肝障害と血液障害です。重症化することは滅多にありませんが、定期的に肝機能検査や血液検査を受けて注意するようにしてください。
  • 肝障害が疑われる症状は倦怠感・食欲不振・黄疸・茶褐色尿、血液障害が疑われる症状は皮下出血など出血傾向、発疹、発熱などです。
  • その他副作用として、下痢、吐き気、腹痛、胃部不快感、めまい、ふらつき、頭痛、眠気、発疹、紅斑、痒み、顔面浮腫、リンパ節腫脹、多形紅斑などが稀に報告されています。
  • 滅多に起こりませんが重大な副作用として、
    • 皮膚・粘膜障害(発疹、発赤、水ぶくれ、皮剥け、皮膚の熱感や痛み、痒み、ただれ、喉痛、充血、発熱、倦怠感)
    • 横紋筋融解症(手足の痺れやけいれん、力脱力感、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色尿)
    • アナフィラキシーショック(冷汗、チアノーゼ、蕁麻疹、顔や喉の腫れ、呼吸困難、めまい、血圧低下、意識消失)
    などが挙げられます。
  • テルビナフィン服用後に何らかの明らかな異常が見られた際は、服用を中止してすぐに医療機関を受診してください。



□おしらせ

テルビナフィンは国内の医療機関でも真菌症治療薬として非常に多く使用されています。
商品名は先発品で「ラミシール」、ジェネリック医薬品で「テルビナフィン」などです。

ラミシール125mg(国内で250mg製剤はありません。)の薬価は1錠167.7円なので、28錠(250mg×14錠相当)処方してもらう場合の薬代は4,696円です。
ここに診察料をはじめとする受診費用が加わると総額ではおよそ9,000円前後になるかと思われますが、保険適用の3割負担でおよそ2,700円前後となります。
ただし、何らかの検査や処置があった場合は更に加算されることを想定してください。





□レビュー

エフゲンを使って1年余り、爪水虫が治りそうでなおらないので、やはり塗り薬より内服薬の方が効果がいいのかと思い一度お試し購入。
口コミを参考に使ってみます。いい結果が出ることを祈りつつ効果を試してみます。
錠剤の半分を一日一回125mgを継続して飲んでみます。
これで効果があればまたレビューします。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

テルビナフィン250mg(ラミシール)