おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ハイドロキノンクリーム(2%)を格安で購入する方法は・・・

 

ハイドロキノンクリーム(2%)

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

ハイドロキノンクリーム(2%)はOrva Liac San社から販売されている美白クリームで、「肌の漂白剤」と言われるほどの強力な美白作用を持っているクリームです。1日1~2回の塗布でシミやそばかすを予防するだけでなく消し去り、白く美しい肌に導きます。

内容量 1本30g
剤形 クリーム剤
有効成分 ハイドロキノン2%
ブランド ORVA (オルバ)




□効果

 

ハイドロキノンクリームの有効成分ハイドロキノンは非常に強力な美白成分で、世界中で注目されています。
シミ、そばかす、ニキビ跡といった色素沈着系の肌トラブルを改善し、元々の肌も白く輝く肌に導く美白作用を持っているため大人気のクリームです。
元々は写真の現像に利用される成分でしたが、現像作業を行う人の肌が白いことから研究の末に強力な美白作用があることが明らかになりました。

多くの女性が悩むシミとは「皮膚の細胞内にメラニンという色素が蓄積されて地肌よりも濃く黒く見える部位」です。
メラニンは全てのシミの原因でありそのものです。
肌が紫外線を浴びると、肌細胞内のメラノサイトメラニンを生成する工場のような場所)が活性化してメラニンを過剰に生成します。

メラニンは本来肌を守るための大切な役割を担っており通常では肌のターンオーバーで排出されますが、過剰な生成と肌ダメージによって排出しきれず体内に溜まるとシミとなって肌表面に現れるようになります。
紫外線以外にも、加齢・煙草・不規則な生活・日々のストレスなど様々な原因によって体内で活性酵素が増えると、メラニンが過剰に生成されシミができやすくなります。

ハイドロキノンメラノサイトに働きかけてメラニンの生成を抑制する作用を持っています。
更に、メラニン色素自体を薄くする還元作用もあることが大きな特徴です。

そのため、ハイドロキノンはシミの発生を予防するだけではなく肌表面にあるシミの改善にも有効である画期的な美白成分なのです。
ハイドロキノンの美白作用は肌の漂白剤という異名があるほど強力で、アスコルビンなどの従来の一般的な美白成分と比較すると約10~100倍もの強さだと言われています。

市販の化粧品に配合されているハイドロキノンの濃度は1〜4%ほどで、美容皮膚科など医療機関で取り扱いのあるハイドロキノンの濃度は5%以上です。
高濃度になれば美白効果も比例しますが、その分副作用のリスクや肌への刺激が高まるので注意が必要です。
自身の肌に合った濃度のハイドロキノンを使用しましょう。

ハイドロキノンは海外では数十年前から主流の美白成分ですが、日本ではその強力な作用と副作用への恐れから医薬品として扱われ、数年前の薬事法規制緩和以降にハイドロキノン配合の化粧品が流通するようになりました。

美容皮膚科などの医療機関ではハイドロキノンとビタミンA誘導体のトレチノインを併用する「ハイドロキノン・トレチノイン併用療法」が一般的です。
肌のターンオーバーを早めるトレチノインとの併用によって美白・美肌作用の相乗効果で短期間で白く美しい肌に生まれ変わります。


□使用法

  • ハイドロキノンクリームは1日1~2回朝晩、洗顔~スキンケアの最後に適量を患部(美白したい部分)に薄く伸ばして塗布します。
  • シミなど色素沈着が気になる部位だけにスポット的に塗布する方法と顔全体に塗布する方法がありますが、1~2%の低濃度のハイドロキノンであればどちらでも構いません。
  • ハイドロキノンを使用している間は強い紫外線を浴びると酸化によって逆に色素沈着を起こしてしまう恐れがあるため、特に日中に使用した際は日焼け止め・日傘・帽子などで徹底した紫外線対策を欠かさないでください。
  • ハイドロキノンには刺激性があるため、使用を開始する前に必ず腕などでパッチテストを行い肌に異常が現れないことを確認してください。
  • 60日程度の使用で美白効果が実感できると言われていますが、3ヶ月以上継続使用をしていても効果が一向に見られない場合は使用を一旦中止してください。強い作用を有するため、蔓延的な使用はなるべく控えることとされています。
  • 強力な美白作用を持つハイドロキノンですが、人によっては肌に刺激感・赤み・かぶれを感じることがあります。ただし、ハイドロキノンによる赤みの原因の大半は副作用ではなく、シミに効いている証拠で良くなっていく過程である好転反応だと言われています。
  • ハイドロキノン使用後に赤みが出た場合、好転反応であれば2~3日ほど使用を中止すれば徐々に改善していきます。この時に皮膚の表面の皮が剥がれることもありますが、ハイドロキノンの効能であるため心配いりません。
  • 赤みが改善しない場合・痛みを持つ場合・明らかにかぶれている場合などは副作用である可能性が高いので、その場合は使用を中止してすぐに皮膚科を受診してください。



□副作用

ハイドロキノンクリームの副作用は肌の乾燥の他にピリピリとした刺激感、赤み、炎症などの皮膚症状が報告されています。
用法と用量にも記載がある通り、軽度であれば好転反応であるので心配いりませんが、症状が強い場合は使用を中止して受診してください。

また少ない頻度ですが、ハイドロキノン含有のクリームを長期間使用することで部分的に必要以上に白くなってしまう「白斑」が稀に報告されています。
ただし、濃度5%以下のハイドロキノンにおいては報告されていないので本剤は該当しません。




□おしらせ

ハイドロキノンは日本でも美容皮膚科などの医療機関で医師の診察のもと購入することが可能です。
自由診療の全額自己負担であるため、病院によって価格設定にかなりのばらつきがあるので注意してください。

医療機関では一般的に5%~の高濃度のハイドロキノンを取り扱うことが多く、濃度にもよりますが価格相場は5gにつきおよそ2,000~3,000円です。
30gだと12,000円にもなります。
更に診察料などの受診費用が自費でかかってくるため総額では20,000円近く~処置や検査によっては越えることもあるでしょう。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ハイドロキノンクリーム(2%)