おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ユニソム・スリープジェルを格安で購入する方法は・・・

 

ユニソム・スリープジェル

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

一時的な睡眠障害や不眠を改善する薬です。抗ヒスタミン作用で自然に快眠を導きます。一般的な睡眠薬よりも作用は穏やかですが、身体に優しく安全です。日本のドラッグストアでも購入できる人気の睡眠導入剤ドリエル」と同一成分です。

内容量 10錠/箱
剤形 ソフトカプセル
有効成分 1錠に塩酸ジフェンヒドラミン(DiphenhydramineHydrochloride)50mg含有
ブランド Pharmaco NZ Ltd (ファルマコ・ニュージーランド)

寝つけない、眠りが浅いなどの睡眠障害や一時的な不眠症(毎日現れるのではなく、精神疾患などの病的な原因のない人が経験する不眠症)を改善する睡眠改善薬です。

国内でも一般用医薬品OTC)として市販されている睡眠改善薬「ドリエル」と同じ有効成分の塩酸ジフェンヒドラミン50mgを配合しています。有効成分の含有量も同じです。

ユニソム・スリープジェルは医療機関で処方される睡眠薬とは異なる作用で、身体に負担がなく安全性が高いことが特徴です。

覚醒に関わる神経伝達物質ヒスタミンの作用を抑えること(抗ヒスタミン作用)で、自然に近い睡眠を導く効果があります。そのため抗ヒスタミン薬と呼ばれています。

ヒスタミンはアレルギーにも関わる神経伝達物質なので元々抗ヒスタミン薬はアレルギー性疾患治療薬として使用されるのがメインでしたが、副作用の眠気を逆手に取り睡眠改善薬として応用的に開発されたのがこのユニソム・スリープジェルやドリエルです。

また、有効成分の塩酸ジフェンヒドラミンは、睡眠改善薬や抗アレルギー薬としてだけではなく鎮痛薬・鎮痒薬・酔い止めとしても効果を発揮します。

ストレスや不安などで眠れない日がある方、夜中に目が覚めることがある方、なかなか寝つけない方、不規則な生活で睡眠リズムが崩れている方などに特にお勧めです。





□効果

 

不眠症には入眠障害途中覚醒・熟睡障害・早朝覚醒といったタイプがあります。その中でも特に多いのが入眠障害です。
眠りたいのになかなか寝つけないという状況に誰もがなったことがあるのではないでしょうか。ユニソム・スリープジェルは全てのタイプの一時的な不眠症に対して自然な快眠効果を発揮します。

脳内で神経伝達物質ヒスタミンヒスタミンH1受容体に結合して活性化すると覚醒が起こります。
ユニソム・スリープジェルの有効成分の塩酸ジフェンヒドラミンは、このヒスタミンがH1受容体に結合するのを抑制することで覚醒の維持を阻害します。 

その睡眠改善効果は臨床試験で約80%という素晴らしい結果が出ました。
高い効果がありながら、医療機関で処方されるベンゾジアゼピン系などの睡眠薬よりも安全性が高く安心して服用できます。

ただし、ユニソム・スリープジェルを服用するにあたり注意すべき点が「耐性」です。
連用していると、身体が薬に慣れてしまい効かなくなってくる恐れがあります。

そのため、毎日日常的に服用することは止めてください。不眠の症状がある時のみの頓服的な服用をしてください。
日常的に不眠の方は、睡眠外来などの医療機関を受診することを推奨します。

効果の発現には個人差がありますが、服用後は一般的におよそ30分~1時間以内に効果が現れると言われています。


□使用法

  • ユニソム・スリープジェルを眠りが浅い日や寝つけない日に通常成人は1回1カプセルを就寝前に水か白湯で服用します。
  • 効果の発現には個人差がありますが、一般的には服用後およそ30分~1時間で眠気が現れると言われています。服用後は寝る支度をして出来る限り早めに布団に入って入眠しましょう。
  • 鎮痛目的で服用することも可能ですが、その場合の用量は25~30mgになります。本剤の規格は50mg製剤であり、ソフトカプセルなので切ることはできないことをご了承ください。
  • ユニソム・スリープジェルは不眠の症状がある時だけに服用する頓服薬です。日常的な服用はやめてください。耐性が発現する恐れがあります。

最大限の効果を得るために

  • 寝る前にゆっくり湯船に入る、寝る前にスマートフォンやパソコンを使用しないなど、快眠に導くための最善策をとりましょう。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 睡眠薬と併用することはできませんが、快眠を導くサプリメントや健康食品などとは併用可能です。例えば、日本では認可されていませんが海外では大人気のメラトニン(睡眠ホルモン)のサプリメントと併用すると相乗的な快眠効果が期待できます。



□副作用

ユニソム・スリープジェルは同一成分の薬が国内のドラッグストアで簡単に購入できるほど安全性の高いお薬ですが、比較的多い副作用は眠気の持ち越し(目覚めても眠気が残ること)、倦怠感、口の渇きなど抗コリン作用による症状です。軽度であればさほど心配いりません。

この抗コリン作用というのは、有効成分のジフェンヒドラミンヒスタミンだけでなくアセチルコリンという構造が似ている神経伝達物質をも抑制してしまうことで起こります。
抗コリン作用による主な症状は口の喝き、便秘、排尿困難などですが、重度になると尿道を収縮したり眼圧を上げる恐れがあるため、前立腺肥大症や緑内障の方は注意しなければなりません。

その他、副作用として皮膚症状(発疹・発赤・かゆみ)、消化器症状(胃痛・吐き気・便秘・食欲不振)めまい、頭痛、頭重感、目のかすみ、動悸などが報告されています。

万が一服用後に何らかの身体の強い異常をきたした場合は、服用を中止してすぐに医療機関を受診してください。




□おしらせ

  • 不眠の症状が重い方や長期間日常的に不眠の症状に悩まされている方には適しておりません。ユニソム・スリープジェルを連用せずに医療機関を受診してください。
  • 日中に眠気やめまいが現れる恐れがあるため、車の運転や危険な作業はくれぐれも注意してください。




□レビュー

日本のドラッグストアで購入する睡眠改善薬は、白いカプセルか錠剤ですが、この商品は宝石のようなブルーの色合いです。最初は戸惑いますが、効き目は変わりません。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ユニソム・スリープジェル