おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

植物性メラトニン10mgを格安で購入する方法は・・・

 

植物性メラトニン10mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

超高容量メラトニン10mg錠!体内で分泌される睡眠ホルモンのメラトニンを補うことで、安全&自然に快眠を導く不眠改善のサプリメントです。睡眠障害の他、海外旅行をした時の時差ボケの改善などにも効果的です。

内容量 100錠/箱
剤形 カプセル
有効成分 1錠にメラトニン(Melatonin)として10mg含有
ブランド NOW Foods (ナウフーズ)

メラトニンは脳の松果体という部分から分泌されるホルモンで、睡眠に大きく関与するホルモンであるため「睡眠ホルモン」と呼ばれています。
体内時計に働きかけて覚醒と睡眠を切り替え、眠気を誘う作用があります。

朝に体内時計からの信号でメラトニンの分泌は止まり、覚醒後14〜16時間ほど経過すると再び体内時計からの信号によりメラトニンは分泌されます。
メラトニンの分泌量が増えると深部体温が低下し身体は休息状態に導かれ、眠気を生じるという仕組みができています。

メラトニンの分泌量は加齢と共に減少します。高齢者で不眠症や眠りが浅い方が多いのはメラトニン不足が要因のひとつです。
そして、朝夜逆転しているような不規則な生活リズム・海外旅行時の時差・うつ病うつ状態も、メラトニン不足になりやすくなる要因です。

本剤はそんなメラトニンを補充することができるサプリメントです。
元々は体内で分泌されている成分なので、身体への負担がなく安全性が高いです。
医療機関で処方される睡眠薬とは違い、副作用や耐性や離脱症状もありません。

メラトニンは日本では認可されていませんが、欧米や東南アジアでは薬局やドラッグストアで気軽に購入できる人気のサプリメントです。

本剤は以下のような方々に特にお勧めです。

  • 夜なかなか寝付けない
  • 日常的に不眠に悩まされているが、睡眠薬は飲みたくない
  • 眠りが浅く、途中で目が覚める
  • 起床時に疲労感が残る
  • もっと熟睡したい
  • 体内時計を整えて時差ボケを改善したい
  • 良質な睡眠を手に入れてアンチエイジングをしたい




□効果

 

メラトニンは体内時計を調節し、睡眠と覚醒のリズムを司るホルモンです。
メラトニンの分泌は主に光によって調節されており、明るい光によってメラトニンの分泌は抑制されます。そのため日中はメラトニンの分泌量は低く、夜間には分泌量が増加します。

朝起きた時に日光を浴びることでメラトニンの分泌が抑制され、脳が覚醒して目覚めます。そしてその日光によって体内時計が調節され、日光を浴びた14~16時間後、ちょうど就寝する時間帯にメラトニンの分泌が増加することで眠気が訪れます。

そのため夜に強い光の下にいると、体内時計が乱れメラトニンの分泌が減少して睡眠と覚醒のリズムが乱れてしまいがちになります。
不規則な生活リズムを続けていると、メラトニンが正常に分泌されなくなることで不眠の症状が現れます。近年では夜中のパソコンやスマートフォンの使用もメラトニン不足の大きな要因として注目されています。

また、メラトニンは加齢と共に分泌量が減少して体内時計の調節機能が衰えるため、歳を取ると睡眠障害が起きやすくなります。メラトニンの分泌量のピークは思春期なので、20代以降は減少の一途を辿ることになります。

本剤はメラトニンを就寝時に服用することで体内の不足分をカバーし、ごく自然な流れで良質な睡眠を導くことができるサプリメントです。

医療機関で処方される睡眠薬に比べると、本剤のようなメラトニンを補充するタイプのサプリメントは依存性や習慣性がほとんどないと言われていますが、メラトニンはホルモン物質で脳に作用する薬であるため日本では副作用リスクの危惧から認可されていません。
ですが、一般的な睡眠薬よりも遥かに身体に優しく安心安全に服用できます。

一部の研究ではメラトニンには様々なアンチエイジング作用(延命効果、若返り効果、免疫力向上)や抗がん作用もあることが明らかになっています。
これはメラトニンの抗酸化作用によるものだと言われており、現在はまだ研究途中の段階ですが今後応用的な使用の可能性も秘めた成分です。


□使用法

  • メラトニンを通常成人は就寝する約30分~1時間前に1カプセル服用します。水か白湯で服用してください。
  • 初めて服用する時は少量から開始し様子を見て、症状など必要に応じて適宜増減することを推奨します。用量の一般的な目安は3~10mgです。
  • 過量に服用したからといって効果が増強するのではなく、逆に体内時計のリズムが崩れたり脳が元々持つメラトニン産生力が低下する恐れがあります。
  • 必ず定められた用法用量を守って服用してください。

最大限の効果を得るために

  • 効果の発現には個人差があります。人によっては就寝する数時間前の服用で最適な効果が現れることもあるので、定められた用法に限らずご自身の服用のベストタイミングを見つけてください。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 例えば睡眠改善薬の塩酸ジフェンヒドラミン(商品名ドリエル、ユニソム・スリープジェルなど)と併用可能です。併用することで相乗的な快眠効果が期待できます。



□副作用

メラトニンは元々体内で分泌され存在するホルモンであるため、基本的に副作用はごく僅かです。
眠気の持ち越し、倦怠感、集中力低下、疲労、頭痛、悪夢、眩暈、憂鬱症、そう痒、性欲低下、メラトニン生成能の低下などの症状が稀に報告されています。
症状が軽度であればさほど心配いりませんが、メラトニン服用後に何らかの強い身体の異常をきたした場合は服用を中止してすぐ受診してください。


□おしらせ

  • メラトニンサプリメントで補充するだけではなく、体内で分泌量を整え適切にコントロールすることも心がけましょう。
  • 規則正しい生活、適度な運動、朝起きたら太陽の光を浴びる、夜はパソコンやスマートフォンの操作をやめて照明を落とすなどといった習慣を目指すことをお勧めします。




□レビュー

メラトニン10mgはカプセルなので、ドラッグストアーで空のカプセルを買っておくと良いと思います。カプセルの半分を別のカプセルに移して5mgにして服用してみました。リラックスした感じになり自然に眠気がきます


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

植物性メラトニン10mg