おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

デュオダート(ハルナール+デュタステリド)を格安で購入する方法は・・・

 

デュオダート(ハルナール+デュタステリド)

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

デュオダートは、人気の前立腺肥大症治療薬ハルナールとアボルブを組み合わせたハイブリット治療薬です。服用することで2つの有効成分による相乗効果で強力に前立腺肥大症を治療することができるので、尿関連の悩みを抱える男性の強い味方です。

内容量 30錠/箱
剤形 カプセル剤(カプセルに「GS 7CZ」と印字)
有効成分 1錠中に以下の成分を含有:デュタステリド(Dutasteride)として500µg、タムスロシン塩酸塩(Tamsulosin Hydrochloride)として400µg
ブランド GlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)

デュオダートは、人気の前立腺肥大症治療薬ハルナールとアボルブを組み合わせたハイブリット治療薬です。

1カプセルを服用するだけで2つの有効成分の治療効果を得ることができるので、一粒で二度おいしいお薬となっています。

服用することで肥大した前立腺を強力に縮小することができ、排尿障害等の前立腺肥大症に伴う諸症状を改善することができるので、尿トラブルに悩む男性の強い味方です。

デュオダートは、世界的に有名な製薬企業であるグラクソ・スミスクライン(GSK)社によって製造・販売されています。

デュオダートが作用する前立腺とは、男性にしかない生殖器の1つです。

前立腺尿道を囲む形で存在しています。

この前立腺がなんらかの理由により肥大してしまうと、尿道を圧迫してしまい排尿トラブルが起こります。

前立腺肥大症の主な症状は、尿の出が悪くなる、尿の勢いが弱くなる、尿がなかなか出てこない、排尿しても残尿感がある等です。

デュオダートは、1日1カプセルを服用することで、この肥大化した前立腺を縮小することができ、排尿に関するトラブルを解決することができるようになります。




□効果

 


□使用法




□副作用

デュオダートの有効成分デュタステリドとタムスロシンは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • デュタステリドの主な副作用は、勃起不全、リビドー減退、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用には、肝機能障害、黄疸が起こることが報告されています。
  • タムスロシンの主な副作用は、めまい、ふらふら感、胃不快感が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用には、失神・意識喪失、肝機能障害、黄疸が起こることが報告されています。

これら以外にも、デュオダートを服用することで副作用を起こすおそれがあります。
服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□おしらせ

日本では、デュオダートは承認されていないので病院から処方してもらうことができません。
しかし、有効成分デュタステリドとタムスロシンはそれぞれ単体で承認されているので、それぞれのお薬を個別で処方してもらうことが可能です。
デュタステリドはアボルブカプセル0.5mg、タムスロシンはハルナールD錠0.2mgという販売名で日本では承認されています。
1箱30カプセル分のデュオダートと同じ量を処方してもらうには、アボルブカプセル0.5mgが30カプセル、ハルナールD錠0.2mgが60錠必要です。

日本の病院から処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
アボルブカプセルの価格:1カプセル210.1円×30カプセル=約6,310円
ハルナールD錠0.2mgの価格:1錠101円×60錠=6,060円
合計約15,870~16,870円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約4,770~5,070円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

デュオダート(ハルナール+デュタステリド)