おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

グルコバイ(アカルボース)25mgを格安で購入する方法は・・・

 

グルコバイ(アカルボース)25mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

グルコバイ25mgは、食事に含まれている糖分(炭水化物)の急な吸収を抑制し、食事することによる急激な血糖値の上昇を抑えることができるお薬です。糖尿病の治療薬としては他にはない作用メカニズムのため、単体での糖尿病治療だけでなく、他の糖尿病治療薬と併用しても優れた効果を発揮します。

内容量 150錠/箱
剤形 タブレット
有効成分 1錠中にアカルボース(Acarbose)として25mg含有
ブランド Bayer (バイエル)

グルコバイ25mgは、食事に含まれている糖分(炭水化物)の急な吸収を抑制し、食事することによる急激な血糖値の上昇を抑えることができるお薬です。

糖尿病の治療薬として使用されています。

グルコバイ25mgは、食後血糖改善薬ともいわれ1990年にドイツでバイエル社によって発売されました。

服用することで食後の急激な血糖上昇をおさえることができます。

その作用メカニズムは、腸からの糖分の消化吸収をゆっくりと遅らせることで効果を発揮します。

食後に分泌される血糖値を下げるホルモンのインスリン分泌の節約になるので、膵臓に負担をかけることもなく日々の血糖値を良好にコントロールすることができるので、将来起こるかもしれない糖尿病による様々な合併症の予防効果も期待できます。





□効果

 

  • 糖尿病の食後過血糖の改善

□使用法

  • アカルボースとして、成人では通常1回100mgを1日3回、食直前に服用します。
  • 1回50mgより服用を開始し、副作用がないかなどを確認したうえ1回100mgへ増量することもできます。
  • 年齢、症状に応じ適宜増減します。

併用して相乗効果のある薬剤

  • メトホルミン製剤(メトホルミン850mg、メトスモール500mg、グリコメット500mg、グルコファージ1000mg)
  • SGLT-2阻害薬(インボカーナ100mg、フォルキシガ10mg)
  • スルホニルウレア(SU)系血糖降下薬(アマリール1mg、グリメピリド4mg)
  • 糖尿病治療薬配合剤(ジャヌメット50mg/500mg)
  • ピオグリタゾン製剤(アクトス15mg、アクトス45mg、ピジョン30mg)



□副作用

グルコバイ25mgは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、放屁(おなら)増加、腹部膨満・鼓腸、ALT(GPT)上昇等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、低血糖、腸閉塞、肝機能障害、黄疸等が起こることが報告されています。

グルコバイ25mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□おしらせ

日本でもグルコバイを病院から処方してもらうことができます。
日本で承認されているグルコバイは、今回のグルコバイ25mgの倍量有効成分を含有しているグルコバイ錠50mgがあります。
1箱150錠分のグルコバイ25mgと同じ量を処方してもらうには、グルコバイ錠50mgが300錠必要です。

日本の病院から、グルコバイ錠50mgを300錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
グルコバイ錠50mgの価格:1錠18.6円×300錠=5,580円
合計9,080~10,080円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約2,730~3,030円かかります。





□レビュー

ゼニカルと併用で使ってます。今のところ体重減少までは至ってませんが、パンや麺類を食べても現状維持の状態!
少し、運動を加えると成果が見えるかも…継続して頑張ってみます。50mgの錠剤があると助かります。


□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

グルコバイ(アカルボース)25mg