おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ダリロング(ダリフェナシン)7.5mgを格安で購入する方法は・・・

 

ダリロング(ダリフェナシン)7.5mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

ダリロング7.5mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。世界的に有名なジェネリックメーカーによって製造・販売されており、強力な治療効果が得られるので人気の商品となっています。頻尿や尿失禁の治療のために使用することができます。

内容量 30錠/箱
剤形 フィルムコーティング錠
有効成分 1錠中にダリフェナシン(Darifenacin)として7.5mg含有
ブランド Sun Pharma (サン・ファーマ)

ダリロング7.5mgは、過活動膀胱(Overactive bladder;OAB)治療薬です。

過活動膀胱は、社会の高齢化に伴いQOL(生活の質)に影響する疾患です。

過剰な膀胱の収縮により尿意切迫感、頻尿および切迫性尿失禁が起こり、患者自身の生活の質を著しく低下させるだけでなく、その周りの家族や介護者などにまで負担を強いります。

現在の日本では、過活動膀胱は810万人[40歳以上人口の12.4%(8人に1人)]もの患者がいると推定されています。

ダリロング7.5mgは、服用することで過活動膀胱による膀胱の過剰な収縮を抑えることができ、それによって頻尿や尿失禁などの諸症状を改善するために使用することができます。

ダリロング7.5mgは、世界的に有名なジェネリックメーカーであるサン・ファーマ(Sun Pharmaceutical Industries Limited)社によって製造・販売されています。

サン・ファーマ社はインドのムンバイに本社をおく製薬企業で、1983年に設立されました。

日本の有名な製薬企業である第一三共株式会社の子会社でもあり、アメリカやヨーロッパおよびアジアなど世界40ヵ国に高品質な医薬品を数多く輸出しており、2014年にはジェネリック医薬品で世界5位に輝くような企業となっています。

ダリロング7.5mgもそんなサン・ファーマ社が製造する高品質なジェネリック医薬品として、先発品に勝るとも劣らない優れた勃起誘発効果が得られるので人気となっています。




□効果

 

  • 過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁

<効能・効果に関連する使用上の注意>

  • 本剤を適用する際、十分な問診により臨床症状を確認するとともに、類似の症状を呈する疾患(尿路感染症、尿路結石、膀胱癌や前立腺癌などの下部尿路における新生物等)があることに留意し、尿検査等により除外診断を実施するようにしてください。
  • 必要に応じて専門的な検査も考慮してください。

□使用法

  • 推奨されている服用開始容量は、1日1回ダリフェナシンとして7.5mg(1錠)です。
  • 2週間の服用後、症状に応じて1日15mgまで増量して服用することができます。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

  • 中等度の肝機能障害患者(Child-Pugh分類B)の服用は、治療上の有益性が上回る場合のみ服用可能です。
  • 服用量の上限は1日1回7.5mgまでです。[肝機能障害患者では血中濃度が上昇すると予想される。]

最大限の効果を得るために

  • 本剤はフィルムコーティングがされており、服用する際は錠剤を割ったりかみ砕いたりせずにそのまま服用してください。



□副作用

ダリロング7.5mgの有効成分ダリフェナシンは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、便秘、口の渇き、頭痛、消化不良、悪心、尿路感染、インフルエンザ様症状等が起こることが報告されています。
  • ほとんどの副作用は軽度又は中等度で、服用開始から2週間以内に起こることがほとんどでした。

これら以外にも、ダリフェナシンを服用することで副作用を起こすおそれがあります。
ダリロング7.5mgを服用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。




□おしらせ

ダリロング7.5mgは、日本で承認されていないお薬なので病院から処方してもらうことができません。
有効成分であるダリフェナシン自体が日本では未承認なので、かわりとなるお薬もありません。
購入を希望するのであれば、個人輸入代行サイトを利用するようにしてください。



□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

ダリロング(ダリフェナシン)7.5mg