おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

ケフレックス(セファレキシン)500mgを格安で購入する方法は・・・

 

ケフレックス(セファレキシン)500mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

古くから世界中で使用されているセフェム系抗生物質です。有効成分セファレキシンの強力な抗菌作用が、呼吸器系・耳鼻科系など様々な感染症による症状を改善し完治させます。

内容量 21カプセル/箱
剤形 カプセル
有効成分 セファレキシン500mg
ブランド Flynn Pharma (フリン・ファーマ)

ケフレックスは世界中で人気のある有名な抗生物質です。

古くからある薬で、幅広い領域での感染症の治療に有効です。

ケフレックスの有効成分セファレキシンは様々な細菌に対して抗菌作用を発揮するので、呼吸器科、耳鼻科、歯科など多くの領域で使用されています。

有効成分セファレキシンは特にグラム陽性菌黄色ブドウ球菌など)に対して強力な抗菌作用を発揮します。

以下がセファレキシンが有効な菌種です。

以下がセファレキシンが有効な疾患です。

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、筋炎、咽頭喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎(急性症、慢性症)、精巣上体炎(副睾丸炎)、淋菌感染症、子宮頸管炎、バルトリン腺炎、子宮内感染、涙嚢炎、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、化膿性唾液腺炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、上顎洞炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染




□効果

 

ケフレックスは「セフェム系」と呼ばれる抗生物質です。

セフェム系抗生物質にはケフレックスの他にメイアクト(有効成分セフジトレンピボキシル)、フロモックス(有効成分セフカペンピボキシル)、セフゾン(有効成分セフジニル)、ケフラール(有効成分セファクロル)などがあります。

ケフレックスの有効成分セファレキシンをはじめとするセフェム系抗生物質は、最近の細胞壁の合成を阻害することで抗菌作用を発揮します。

細胞壁は細胞のいわば防御壁であり、細胞壁を作ることができないと生きることができないためです。

セファレキシンは殺菌的に作用して、体内に感染した細菌を死滅させます。

人間の細胞には細胞壁がなく影響がないので細胞毒性がなく安全です。

セファレキシン及びセフェム系抗生物質は妊娠中や授乳中でも他の抗生物質に比べると安全に服用できる薬だと評価されています。


□使用法

  • ケフレックスを通常成人および体重20kg以上の小児は有効成分セファレキシンとして1回250mgを6時間ごとに水か白湯で服用します。
  • 重症の場合や分離菌の感受性が比較的低い症例に対する場合は、有効成分セファレキシンとして1回500mgを6時間ごとに服用します。症状、体重、年齢によって適宜増減します。
  • 本剤は1カプセルに有効成分セファレキシンが500mg含有されている高用量タイプなので、必ず医師の指示に従って服用してください。
  • 腎障害のある方は通常用量のケフレックス250mg製剤の服用を推奨します。
  • 尚、カプセルの剤形であるため錠剤のように半分に切ることはできません。
  • 飲み忘れた際は気付いた時に服用して構いませんが、次の服用時刻が近い場合は1回分飛ばしてください。4時間程度は間隔を空けましょう。
  • 一度に2回分服用しないください。

最大限の効果を得るために

  • 飲み忘れのないように、正しい用法用量で服用してください。
  • 医師に指示された期間しっかり服用してください。
  • 自己判断で中止すると再発・悪化の恐れがあります。

併用して相乗効果のある薬剤

  • 相乗効果ではありませんが、副作用で下痢などの胃腸症状が現れた場合の対応やあらかじめそういった症状を予防するために整腸剤を併用することがあります。



□副作用

ケフレックスの主な副作用は「下痢」です。

特に小児や高齢者によく見られますが、軽度であればさほど心配いりません。

これは有効成分ケフレックスの強力な抗菌作用によって腸内細菌のバランスが乱れるためです。

血便や熱を伴うなど症状が重い場合はケフレックスの服用を中止してすぐに医療機関を受診してください。

その他、副作用として発疹、蕁麻疹、腹痛、吐き気などの症状が報告されています。

また、ケフレックスを長期間服用した場合に限りますが菌交代症(口内炎カンジダ症)、ビタミンK欠乏症が稀に報告されています。

滅多に起こりませんが、重大な副作用として以下の症状が挙げられます。

  • アナフィラキシーショック(蕁麻疹、顔や喉の腫れ、呼吸困難、血圧低下など)
  • 急性腎不全(尿が出ない・少ない、むくみ、血尿、倦怠感、痙攣、血圧上昇など)
  • 溶血性貧血(倦怠感、疲労、めまい、動悸、黄疸など)
  • 腸炎(腹痛、下痢、血便、発熱、下血など)
  • 皮膚粘膜障害(発疹、水ぶくれ、膿、皮剥け、痒み、ただれ、喉痛、充血、発熱など)
  • 間質性肺炎(から咳、呼吸困難、息切れなど)
  • 重い肝障害(倦怠感、黄疸、茶褐色尿など)

万が一ケフレックス服用後に何らかの強い異常が現れた際は服用を中止してすぐに医療機関を受診してください。




□おしらせ


ケフレックスは国内の医療機関でも古くから多く使用されている抗生物質です。

ケフレックスカプセル250mg(国内に500mg製剤はありません。)の薬価は1カプセル30.9円なので、500mg製剤21錠に相当する42錠処方してもらう場合の薬代は1,298円になります。

ここに診察料・処方料などの受診にかかる費用が加算されると総額では5,000〜6,000円になるかと想定されますが、保険適用の3割負担で1,500〜1,800円になります。

ただし、何らかの処置や検査を受けた場合は更に1,000〜数千円かかります。

また、医療機関では一般的に必要最低限の量しか処方されないので感染症になる度に薬をもらうために受診する必要があります。




□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

 

ケフレックス(セファレキシン)500mg