おくすり日記

個人輸入で購入できる、おくすり紹介日記

アマントレル(塩酸アマンタジン)100mgを格安で購入する方法は・・・

 

アマントレル(塩酸アマンタジン)100mg

『メニュー』

概要
効果
使用法
副作用
おしらせ
レビュー
格安購入先

 

□概要

アマントレル100mgはパーキンソン病の治療薬です。服用することでふるえやこわばりを改善し、体の動作をよくしてくれます。また、インフルエンザの治療にも用いることができます。

内容量 90錠/箱
剤形 カプセル剤
有効成分 1錠中にアマンタジン塩酸塩(Amantadine Hydrochloride)として100mg含有
ブランド Cipla (シプラ)

アマントレル100mgはパーキンソン病の治療薬です。

有効成分にアマンタジン塩酸塩を含有し、日本でも承認されているシンメトレル錠100mgのジェネリック医薬品として製造・販売されています。

アマントレル100mgは、インドに拠点を持つCipla(シプラ)社によって製造・販売されています。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

服用することで先発品シンメトレル錠100mgと同等の効果が期待でき、ふるえやこわばりを改善し、体の動作をよくしてくれます。

また、A型インフルエンザの治療にも用いることができます。




□効果

 

  • パ-キンソン症候群
  • 脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善
  • A型インフルエンザウイルス感染症

<効能・効果に関連する使用上の注意>(A型インフルエンザウイルス感染症に本剤を用いる場合)

  • 本剤は、医師が特に必要と判断した場合にのみ投与すること。例えば、以下の場合に投与を考慮することが望ましい。
  • A型インフルエンザウイルス感染症に罹患した場合に、症状も重く死亡率が高いと考えられる者(高齢者、免疫不全状態の患者等)及びそのような患者に接する医療従事者等。
  • 本剤を治療に用いる場合は、抗ウイルス薬の投与が全てのA型インフルエンザウイルス感染症の治療に必須ではないことを踏まえ、本剤の使用の必要性を慎重に検討すること。
  • 本剤を予防に用いる場合は、ワクチンによる予防を補完するものであることを考慮し、下記の場合にのみ用いること。

    ワクチンの入手が困難な場合
    ワクチン接種が禁忌の場合
    ワクチン接種後抗体を獲得するまでの期間

  • 本剤はA型以外のインフルエンザウイルス感染症には効果がない。

□使用法

    • パ-キンソン症候群の場合
      通常、成人にはアマンタジン塩酸塩として初期量1日100㎎を1~2回に分割経口投与し、1週間後に維持量として1日200㎎を2回に分割経口投与する。なお、症状、年齢に応じて適宜増減できるが、1日300㎎を3回分割経口投与までとする。
    • 脳梗塞後遺症の場合
      通常、成人にはアマンタジン塩酸塩として1日100~150㎎を2~3回に分割経口投与する。 なお、症状、年齢に応じて適宜増減する。
    • A型インフルエンザウイルス感染症の場合
      通常、成人にはアマンタジン塩酸塩として1日100mgを1~2回に分割経口投与する。 なお、症状、年齢に応じて適宜増減する。ただし、高齢者及び腎障害のある患者では投与量の上限を1日100mgとすること。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

    • 脳梗塞後遺症に伴う意欲・自発性低下の改善」に本剤を投与する場合、投与期間は、臨床効果及び副作用の程度を考慮しながら慎重に決定するが、投与12週で効果が認められない場合には投与を中止すること。
    • 「A型インフルエンザウイルス感染症」に本剤を投与する場合
    • 発症後に用いる場合:発症後は可能な限り速やかに投与を開始すること(発症後48時間以降に開始しても十分な効果が得られないとされている)。また、耐性ウイルスの発現を防ぐため、必要最小限の期間(最長でも1週間)の投与にとどめること。
    • ワクチンの入手が困難な場合又はワクチン接種が禁忌の場合:地域又は施設において流行の徴候があらわれたと判断された後、速やかに投与を開始し、流行の終息後は速やかに投与を中止すること。
    • ワクチン接種後抗体を獲得するまでの期間に投与する場合:抗体獲得までの期間は通常10日以上とされるが、抗体獲得後は速やかに投与を中止すること。
    • 小児に対する用法及び用量は確立していないので、小児に投与する場合は医師の判断において患者の状態を十分に観察した上で、用法及び用量を決定すること。



□副作用

有効成分アマンタジン塩酸塩は、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

    主な副作用として、睡眠障害、眠気、便秘、下痢、食欲不振、口渇、脱力感・けん怠感、発汗等が起こることが報告されています。



□おしらせ

日本では、先発品であるシンメトレル錠100mgを病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱90錠分のシンメトレル錠100mgを処方してもらうのにかかるコストは、
病院の診察料や処方料:3,500~4,500円
シンメトレル錠100mgの価格:1錠24.2円×90錠=約2,180円
合計約5,680~6,680円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,710~2,010円かかります。





□レビュー




□ご購入等は商品画像からお願い致します。

 ベストケンコーにて販売しております。

 

アマントレル(塩酸アマンタジン)100mg